ネカフェで痴漢プレイを決行!巨乳を揉みしだいてきた:出会い系体験談

以前私は「出会い系サイトで痴漢プレイに誘われた」という話を以下の記事で紹介しました。

>>痴漢したい人必見!出会い系で痴漢願望を持つ女に痴漢プレイに誘われた話

正直この時は「痴漢プレイ!?」「どこでやるの?どうやってすればいいの?」と未知の分野に戸惑い、一旦お断りしました。

厳密にはハッキリ断ったワケではなく「なかなか時間がなくて」と濁していた感じです。ただこの後、

「やっぱり痴漢プレイしてみたいよな」

「せっかくのチャンスを逃してしまうのは勿体ないよな」

「この子巨乳だしな」

という感じで痴漢願望が少しずつ湧いてきました。

前の記事では紹介していませんでしたが、この子巨乳なんですよね。普通におっぱいの写メ送ってくれました。笑

これを逃すのは勿体ないだろということで、今度はこちらから「最近余裕できたんで、痴漢させてくれませんか?」と誘ってみました。

場所はネカフェ。部屋に入るまでの緊張感がヤバすぎた。

元々は向こうから誘ってきていたので、こちらの誘いにもすぐに乗ってくれました。

どこで痴漢プレイをするかという話になったとき、向こうが提案してきたのが以下の3つです。

  • 電車 or バス
  • ネカフェ
  • 映画館

痴漢プレイ未経験である私には、正直どれが良いのか全く分かりません。

ただ、電車やバスは断トツでハードルが高いと思いました。周りには他人が普通にいますからね。

正直公共の交通機関で痴漢プレイをする勇気は私にはありません。

映画館であれば周りが暗くなる分、痴漢しやすいんじゃないのか?とも思いましたが、それでも人が多いとバレる可能性があります。

それに、さすがに2時間も痴漢し続けられませんからね。途中で出るのもなんか勿体ないし…

ということで、結局一番ハードルが低そうだったネカフェに決めました。個室であること短時間の利用が可能であることが決め手ですね。

ネカフェで痴漢プレイをするまでの流れは以下の通りです。

部屋を2つ取り、先にコチラがネカフェで待機しておく

その後女の子に片方の部屋に入ってもらう

少し経って私が女の子の部屋に行き、痴漢プレイを開始

という流れです。「これで痴漢っぽさ出るのかな?」という不安もありましたが、痴漢プレイにおいては結構定番の方法?みたいなので、この方法で痴漢プレイをすることになりました。

約束当日、事前に考えていた通り、私は2つの部屋を取って彼女が来るのを待ちます。

この時点でかなりの緊張感がありました。本当にこれから悪いことをするんじゃないか と思うくらいに心臓がバクバクです。

しばらくすると彼女が到着し、部屋に入ったのが分かりました。このあと少し時間をおいて私が突入するわけですが、私の緊張感はドンドン高まります。

こんなに緊張したのはいつぶりだろうか。もしかしたら人生で一番なんじゃないか?と思うくらい心臓がバクバクするなか、意を決して私は彼女がいる部屋に突入しました。

とにかく激しく乳を揉みしだき、30分弱の痴漢プレイを堪能した

部屋に入ると、彼女は私の方を見ます。

どんな顔をすればいいか分からない私は、すぐさま彼女に飛びかかりました。

痴漢プレイというくらいですから、できるだけ本当の痴漢っぽさを出すべきだと思い、私は痴漢野郎になりきって激しく乳を揉みました。

グッと目を閉じる彼女に対して、何か声を掛けるべきなのかとも迷いましたが、私は痴漢犯。

声なんてかけずに痴漢に徹するべきだ!と彼女の身体をまさぐります。

服の上から激しく乳を揉んだ後はTシャツをまくり上げます。写真で見た通りの巨乳を見て興奮した私は、さらに乳を激しく揉みしだきます。

彼女も興奮しているのか、少しずつ息遣いが荒くなりますが、お構いなしに揉み続けます。

途中乳を揉みながら耳を舐めようとしましたが、少し舐めただけで彼女の声が漏れそうだったので辞めました。

さすがにネカフェで喘がれては困りますからね。笑

耳を舐めるのをやめた私は、巨乳を覆い隠すブラを少々乱暴にずり下げ、おっぱいを丸出しにします。

丸出しにした乳を揉みながら乳首を舐め回していると、ここでも彼女は声を漏らしそうになっていました。

ですが私も興奮しまくっているので、お構いなしに乳首を責めまくります。

乳首を舐め回し、激しく吸っておっぱいを揉みしだく。とにかく興奮に身を任せて責めまくりました。

さんざん巨乳を弄び痴漢を終えた私は、ブースを飛び出してもう一つの部屋に駆け込みます。

このとき興奮が収まらず、「これが痴漢プレイか」と、ものすごい高揚感につつまれました。

その後彼女がネカフェを出た後、私もネカフェを後にして痴漢プレイは終了です。

その夜、彼女と連絡を取ると「最初は少し怖かったけど、ものすごく興奮した///あのときめっちゃ濡れてたんだよ///」と言われました。

下半身は服の上からしか触っていないので、そんなに濡れていたとは知りませんでした。

「痴漢プレイってこんなに興奮するものなのか」

「他の女の子ともしてみたいかも」

なんて思いながら、私の痴漢プレイデビューは大満足に終わりました。

知らない女性と痴漢プレイをするのは結構勇気が必要でしたが、結果的にはやってよかったです。新しい扉が開いた気がします。笑

もし痴漢プレイに興味があれば、ぜひ一度相手を探してみて下さい。

痴漢プレイ相手の探し方については、以下の以前書いた記事でも触れているので、ぜひ参考にしてください。

>>痴漢したい人必見!出会い系で痴漢願望を持つ女に痴漢プレイに誘われた話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする