童顔でロリ巨乳な20代看護師を半セフレ化できた:出会い系体験談

童顔で低身長なロリ巨乳って素晴らしいですよね。

昔は低身長なロリに魅力を感じることはなかったんですけどね。年齢を重ねるごとにロリ巨乳の魅力が分かってくるようになりました。あのギャップは本当に堪りません。

私がここまでロリ巨乳が好きになったのは、巨乳が大好きだからというのもありますが、一人の女の子と出会ったことで更に加速したと思います。

今回はその女の子出会ったときのお話を紹介します。

出会い系サイトで見つけた20代看護師のロリ巨乳

出会い系サイトで女の子を探すとき、巨乳が大好きな私は決まって巨乳の女の子を優先して探します。

出会い系サイトだと巨乳が見つけやすいから本当に便利なんですよね。

これに関しては以下の記事でも紹介しています。

>>巨乳とヤレる出会い系サイトってどこ?じつはサイト選びが超重要!

興味がある人はあとで読んでおいてください。

いつもと変わらず巨乳の女の子を優先的に探しているとき、23歳の看護師の ユミちゃん を見つけました。

ユミちゃんは低身長かつあどけないルックスの女の子でしたが、おっぱいだけはFカップという逸材でした。

身長150㎝程の小さな身体に重たそうなおっぱいが2つ付いているという、最高にアンバランスなスタイルです。

ユミちゃんが出会い系サイトに登録したのは、女ばかりの職場で男と関わる機会が少ないことや、仕事が忙しくストレスが溜まっていたことなどが原因のようです。

やりとりをしているときにも「仕事大変そうだね」と聞くと、いかにも話を聞いてほしい様子でした。

このとき私は、たくさん仕事の愚痴を聞いてあげようと思い、仕事で嫌なことやツラいことを色々と聞いてみました。

ストレスが多い女の子は、愚痴を聞いてあげると距離を縮めやすいです。

女の子にとっての良き話し相手になってあげることで、心も身体も許しやすくなってきます。

特にユミちゃんの場合、女ばかりの職場かつ非常にハードな仕事をしていたので、話し相手になってあげることで一気に距離が縮まりました。

LINEを交換から実際に会う約束をするまでもスムーズでした。良き話し相手と思ってもらえれば、大体の女の子は会えますからね。

そもそも、出会い系サイトに登録しているという時点で、少なからず男を求めているわけですから、ある程度良い印象を与えることができれば、直接会うことは難しくありません。

初めて会った日は食事に行っただけ

ラインを数日続けている内に、「一回会ってみたいね」という話になり、とりあえず会うことになりました。

当日は適当に居酒屋に入りましたが、ユミちゃんはお酒があまり飲めないとのことだったので、ほとんどお酒は口にしていません。

普段であれば、< お酒でホロ酔いになった後 → ホテル or 自宅へ >みたいなパターンも多いですが、この日はお互いに全く酔うことはなかったです。

会話の内容も、とにかくもっと心を開いてもらえるように,お互いのプライベートな話までドンドン話せるように誘導していきました。

というのも、ユミちゃんとはできるだけ長期的な関係を築きたいと思っていたので、念のため早まらないでおこうと思ったからです。

  • 普段の生活
  • 今抱えている悩み
  • 過去の恋愛
  • どういう人が好みか
  • どういう恋愛が理想的か

以上のようなことについて話ました。在り来たりな話題も多かったですが、結局はお互いのプライベートな部分を知り合うことが、相手の心を開くことにつながります。

このとき私が意識するのは、あまり人には言わないことを話すということです。

厳密には、“あまり人には話さないことを自分に話してくれている”と女の子に思わせることです。

自分に心を開いてくれているんだなと思えば、自然と女の子も自分のことを話しやすくなります。

そして、よりプライベートなことを話せる相手と認識してもらえれば、心の距離は確実に縮まります。

女の子と長期的な関係を築くときには、このようにいかに心を開かせるかが重要です。

結局この日は、特に何もなく終わりました。その場の肉体関係よりも、心の距離を縮めることに注力した感じですね。

ただこの日、次に会う約束を済ませていました。

せっかく心の距離を縮めても、会わない時間が長くなるほど人の心は離れやすくなるものです。

心の距離が縮まったと思うなら、個人的には次に会う日も決めてしまった方がいいと思っています。

次の約束が決まっていたほうが、相手がこちらのことを頭に思い浮かべやすいですし、縮まった距離を維持できます。

2回目のデートでついにセックス!

1回目のデートから1週間後、約束していた日に再び会うことになった私とユミちゃんは、買い物をした後、私が決めたお店に行くことになりました。

お店はオシャレな雰囲気の半個室のダイニングバーです。私は女の子と2人きりで食事をする時、よく個室の居酒屋やバーを利用します。

理由は言うまでもなく、イチャイチャしたいからです。笑

個室なら多少イチャイチャしても、他の客や店員には見られません。

そしてこの日は、少しくらいはお酒を飲んでもらいたいなーなんて思っていたので、まずは私からお酒を飲み進めました。

(一杯目を飲み終えた後)次何にしようかな?
ユミちゃん
早いね、この前はほとんど飲んでなかったのに
今日はちょっと飲みたいなと思って。ユミちゃんも全く飲めないワケじゃないんでしょ?ちょっと飲んだら?
ユミちゃん
まぁちょっとなら…

という感じでお互いお酒を飲んでいました。といっても無理はさせたくなかったので、コチラから強く進めることはしていません。

結局、ユミちゃんは1杯分ほどしか飲んでないのですが、それでもほんの少しだけフワッとしていました。

ある程度会話を続けたあと、私は少しエッチな方向に話を運びます。

そもそもおっぱいって、いつから大きくなり始めるの?大人になってからも大きくなるものなの?
ユミちゃん
どうだろう。私は高校の初めくらいに結構大きくなったかな?でも大人になって大きくなるっていうのも聞いたことはあるよー
やっぱあるんだ。でもまぁ、おっぱいは大きさよりも柔らかさだからね!

大きいからってドヤ顔してちゃダメだよ?

ユミちゃん
してないし!w てか何の話w

どれくらいの柔らかさだったらいいの?笑

んー、これは言葉では説明しづらいね。実際に触ってみないと…。ちょっと触って確かめてみて

ユミちゃん
何だ、触らせてとか言ってくるかと思ったw

(自分でおっぱいを触る)…全然分からない(笑)まぁ悪くないような気はするけど

自分じゃ分からないか、、、ちょっと確かめてみるね?(ユミちゃんのおっぱいをモミモミ)

(イメージはこんな感じ↑)

ユミちゃん
結局触るんだ(笑)
・・・・(デケェ、このままずっと揉んでたい…)

ユミちゃん

・・・・ちょ、、揉みすぎ!w(手を払われる)

あ、ごめん。つい質感が良くて…(笑)

という感じで、おっぱいをモミモミしました。さすがの巨乳でした。笑

相手が酔っているにしろシラフにしろ、こういうスキンシップが取れるようになればコッチのものです。

もちろん、このときは相手を選ばなければいけません。絶対にやっちゃダメな子もいますし、最悪の場合、引かれてそのまま店を出て行かれるかもしれません。

ユミちゃんとは関係性ができていたのと、こういう冗談は大丈夫な子だと分かっていたので、結構大胆に揉みました。w

過度なボディタッチは、女の子によって感覚が大きく異なります。簡単におっぱいを触らせてくれる子もいれば、絶対に嫌だという子もいます。

慣れていない男性の場合は、下手なボディタッチは避けた方がいいでしょう。

おっぱいを揉んだあとは、真横でぴったりくっついた状態で再び話しを続けました。興奮するシチュエーションや性感帯など、エッチな話も結構しました。

また、時折手や腕を触ったりと身体を触れ合わせておくことで、相手の身体もヤる準備が整ってきます。

結局、お店を出た後はユミちゃんの自宅にお邪魔することになり、そのままエッチに突入です。

いざ服を脱いだロリ巨乳は、エロさが半端ないです。かなり興奮しました。

小さな身体なのに大きなおっぱいがブルンブルン揺れてて、ホント興奮しすぎてすぐに逝っちゃうんじゃないかと思いました。

この日以降も私とユミちゃんの関係はしばらく続き、セフレ状態に持ち込めましたが、3ヶ月ほど経つ頃にはお互いに連絡の頻度も減りました。

最終的に連絡も取れなくなったのですが、これはよくあることなので仕方ありません。今思えばユミちゃんとはもっと長く付き合えるようにしておくべきだったかなとも思いますが。

再びユミちゃんレベルの女の子に出会えることを願って、今日も私は出会い系サイトを彷徨い、巨乳の女の子を漁っています。

巨乳好きの人は、冒頭でも紹介した以下の記事を読んでみてくださいね。

>>巨乳とヤレる出会い系サイトってどこ?じつはサイト選びが超重要!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする