人生初ワンナイトラブは10代Eカップの女子大生との即エッチ:出会い系体験談

私が初めてワンナイトラブを経験したのは、19歳のときでした。

大人でもワンナイトラブの経験が無い人はそれなりにいますから、初めてのワンナイトラブが19歳ってのは、まぁまぁ早い方だと思います。

といっても、これは私がナンパが得意だったわけではありません。むしろ、ナンパはほとんどしたことがなかったですし、この時もナンパで知り合ったわけではありませんでした。

顔が良いから、誘い方が上手かったから、といったことも全くありません。

私が若くしてワンナイトラブを経験できたのは、間違いなく10代から出会い系サイトを使っていたことと、運が良かったというのが大きいです。

お互いに10代で出会い系をしていたという共通点で遊ぶことに

私の初めてのワンナイトラブ相手は、女子大に通う19歳の“リエちゃん”です。年齢は同じですが、学年的にはリエちゃんが一つ上でした。

見た目は黒髪のミディアムヘアで、結構真面目そうな印象です。ルックスは標準といったところでしょうか。

特別可愛いというタイプではありませんが、決して悪くはなかったです。

そして、Eカップという素晴らしいおっぱいの持ち主でした。まだまだ経験の浅い当時の私にとっては、相当な興奮材料でしたね。

リエちゃんとは、出会い系サイトで知り合いました。

今でこそ10代でも出会い系サイトに登録している人は多いですが、当時はまだまだ少なく、私もリエちゃんも数少ない10代の出会い系利用者でした。

あるとき、リエちゃんは「今日はせっかく学校が午前中で終わるのに、何も予定がない」という投稿をしていました。

この投稿は朝の早い時間にされており、私が気づいたのは午後3時頃。

結構時間は経っていましたが、歳が近いこともあったので少し絡んでみようと思いました。

こんにちは、学校午前中で終わる日ってテンション上がりますよね!歳近かったんで少し気になりました。

10代ってほとんどいないから…


リエちゃん
こんにちはー、テンション上がるけど、予定が無くて暇だとすごく勿体ない気持ちになります(笑)

10代全然いないですよね!私もほとんど見たことないです!

あれ?まだ予定は埋まってないんですか?

リエちゃん
埋まってないですよ-…

せっかく早く終わるのに暇だとホント勿体なく感じますよね~

といったやりとりで、かなり感触は良かったです。この時わたしは「あれ、これ誘ったら遊べるんじゃね?」と思いました。

むしろ、流れ的に誘わないのはおかしいんじゃないか?という感じです。

この時の私は、まだ出会い系サイトにも慣れていなかったので、いきなり誘っても大丈夫なものかと少し考えました。

ですが、このチャンスは逃すべきではないと思ったので、思い切って誘ってみました。

じつは僕も今日これから暇なんですよね。せっかお互い暇同士で年齢も近いんで、よかったらご飯でもいきませんか?

さすがにイキナリすぎました?笑

リエちゃん
ありがとうございます、ご飯行きましょう!ホント暇で…(笑)

といった経緯で、リエちゃんと会う約束をします。出会い系で見つけた全く知らない女の子と、たった数回のやり取りだけでご飯に行くことになりました。

このとき、まだ出会い系に慣れていなかった私は「出会い系スゲェな…」なんて思っていました。

今では当たり前ですが、当時はいきなり知らない女の子と遊べるというシチュエーションに結構心震えました。

ご飯を食べ終えた後、まさかの展開に…

ご飯に行く約束をしてから3時間後、私たちは待ち合わせ場所で初めて顔を合わせることになります。

あ、はじめまして。リエさんですか?
リエちゃん
あ、初めまして。
すいません、急に誘ったりして。丁度暇だったんで勢いで誘っちゃいました。
リエちゃん
いえいえ、こちらこそ。誘ってもらえてよかったです。

内心めちゃくちゃ緊張している私とは裏腹に、彼女は落ち着いていました。結構明るく話しやすい子でした。

正直、私みたいなイケていない男がこんな風にイキナリ女の子と遊べるなんて、何かの罠じゃないのか?とすら思いました。笑

それくらい感じの良い子で、話をしていて楽しかったです。

店は特に決めていなかったので、適当に二人で話し合いながら近くにあったパスタのお店に入りました。

お互いメニューを選び注文を終えた後、「そういえば、この子のこと何も知らないな」と当たり前のことに私は気づきました。

ていうか僕たちお互いのことほとんど何も知らないですよね。笑

とりあえず、敬語じゃなくて大丈夫ですよ。自分の方が年下ですし。

リエちゃん
ホント?じゃあお互いに敬語やめようか。本当に全く知らないよね。

けど、だからこそ新鮮じゃない?

めっちゃ分かる。なんかこういうのも良いなって感じ。笑
リエちゃん
だよねw

というように、お互いのことを何も知らなかったのですが、打ち解けるのは割と早かったように思います。

このあとは、女子大に通っていること、一人暮らしをしていること、普段は女の子しか遊ぶ人がいないことなど、リエちゃんがどういう子なのかについて教えてもらいました。

お互いのことをほとんど知らなかった私たちは、それぞれ自分の話をするだけであっという間に時間が過ぎていき、お店を出ることになりました。

なんかめちゃくちゃ時間経つの早かったね!
リエちゃん
お互いのこと全然知らないからね。話すことが多すぎたね。笑

と言いながら、この後どうするかという話になります。

この後どうしようか。時間はまだ大丈夫?
リエちゃん
全然大丈夫だよー、明日休みだし。
何かしたいこととかある?
リエちゃん
んー、逆に何かある?笑
これと言ってあるわけではないけど、ゆっくりできる場所がいいかな。
リエちゃん
あ、DVD見たい。
お、良いね。ゆっくりできそう。でもどこで見る?りえちゃんち?笑
リエちゃん
ウチ来る?いいよー。なら、お菓子とか買っていこうか。

まさかのすんなり自宅OKだったので、私は内心驚いていました。今でこそ、こういう女の子がいることは分かっているため何も驚きません。

ですが、当時のまだまだウブな私からすれば、「え、イイの?本当にイイの?」という感じです。

まさか今日初めて連絡を取った女の子といきなりご飯に行くことになり、自宅にまで遊びに行くことになるとは…私は夢にも思っていませんでした。

DVDを見終わった後は、イチャイチャタイムからの…

途中、コンビニでお菓子を買いレンタルショップでDVDを借り、リエちゃんの自宅に向かうことにしました。

この時点で、私は色んなことを考えます。

「これって、手だしていいの?いいよね?」

「今日会ったばかりなのに手出したら、さすがに嫌がられないか?」

「いや、それなら家に入れないよね?」

なんてことが頭の中を巡っていました。本当にウブだったなぁと思います。

家に着いてからは、お菓子の袋を開け、すぐにDVDを見はじめました。内容はホラー映画だったので、それほど会話は多くなく、リエちゃんは映画に見入っていました。

正直、私は映画なんて頭に入りません。この後どうするかしか考えていませんでした。笑

ちなみに、私は次の日は朝から用事があったため、終電で帰ると伝えていました。

「終電までに全部済ませられるか?時間微妙だな…」

「DVDを見ながら身体の距離も縮めてた方がいいんじゃないか?」

といったように、私は完全に終電までにコトを済ませる算段でいました。

映画の途中、男女ががっつりセックスをしているシーンがありましたが、このときは少し気まずかったですね。

「さすがにこんなシーン見て、この後のこと考えないわけないよね?絶対向こうも意識しているよね?」

私の頭の中は、自問自答&セックスのことだらけでした。

いけるか?ヤレるか?などと考えている内にDVDが終わり、お互いにゆったりモードに入ります。

少し映画の感想を話したあと、時間がない私は仕掛けました。少し身体を寄せ、横から抱きつきます。

リエちゃんは抵抗する様子もなく、「どうしたの?」と聞きます。

「なんかくっ付きたくなった」と言いながら頭を寄せ、リエちゃんの顔を見ます。この瞬間、一気にキスの雰囲気になります。

私の心臓はバクバクでしたが、特に言葉は発さず、そのままお互いに唇を重ねました。

最初は軽いキスでしたが、私が太ももや胸を触り出すとリエちゃんもスイッチが入ったのか、少し声を出しながら激しめのキスを始めました。

このときは私が責められているようで、かなり興奮しました。

その後、私は服の中に手を入れ、おっぱいを直接揉みしだきます。

結構大きいよね、何カップあるの?
リエちゃん
・・・Eカップくらい
ヤバい、なんか興奮してきた(乳首を弄りながらおっぱいを揉む)
リエちゃん
…ああぁんっ

そんな感じで完全にスイッチが入った私たちは、しっかり最後までワンナイトラブを楽しみました。

何とか終電までに全てを終えることができた私は、大満足で帰宅したというワケです。

その後リエちゃんとは連絡を取らず…

以上が、私の初めてのワンナイトラブです。

話だけを聞いていると「ワンナイトで終わらないんじゃないの?」と思う人も多いでしょう。ですが、その後私とリエちゃんは連絡を取りませんでした。

当日家に帰った後、「今日はありがとう。まだいたかったけど、終電で帰ることになってごめんね。」というメールはしました。

向こうも「全然大丈夫、コチラこそありがとう。」という連絡はくれましたが、これが最後です。

なんとなくですが、再び私から連絡する気が起きなかったんですよね。リエちゃんからも連絡がくることもなくという感じで、結果的にワンナイトラブになりました。

多分、初対面でいきなりエッチができてしまったから、それで満足してしまったんだと思います。

ゲームに例えるなら、一回目で簡単にクリアできたステージをもう一回プレイしたいとはならないですよね?多分そんな感じです。笑

といっても、全くお酒無しでワンナイトラブしちゃうなんて、我ながら運がよかったと思います。この経験以降も、私は出会い系サイトで即エッチを何度もしています。

むしろ、この経験をしてしまったからこそ、出会い系でヤレる女の子を探すのがやめられなくなったのかもしれません。

ちなみに、リエちゃんのような女子大生は結構ヤレます。

これに関しては以下の記事で紹介しているので、気になる人は合わせて読んでおいてください。

>>性欲強い女子大生(JD)を見抜きセフレにするまで:出会い系活用方法

ちなみに、出会い系サイトを使うときには、どのサイトを使うかも重要です。

もしどんな出会い系サイトが良いか分からない場合は、以下の記事を参考にしてください。

>>私が使う出会い系サイトはココ!出会い系選びで重要なポイントとは?

私が実際に使っている出会い系サイトも紹介しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする