「掘りたい!掘られたい!」ゲイやホモのセフレを作る方法って?

男ヤリたい!という男性は案外いるものです。

掘りたい願望や掘られたい願望を持った人は確実にいるので、両者がマッチングすれば望みは叶うはずです。セフレを作ることだってできるでしょう。

ですが現実には、なかなか相手が見つからないという人も多いです。

これはゲイやバイを公言している男性が少ないからでしょう。人には言えない性癖だからこそ、なかなか両者がマッチングできないという状態です。

そこで今回は、ゲイやバイの男性とエッチする方法、セフレにする方法を紹介したいと思います。

ゲイの専用掲示板ってどうなの?

ゲイやバイのセフレを作るときの選択肢として、専用掲示板の利用が挙げられることがあります。

文字通りゲイの募集専用として使われる掲示板であり、男を求める男性の書き込みが多く存在します。

一見、専用掲示板の利用すると相手が見つかりやすいようにも思えますが、じつは注意点も多いです。

まず掲示板は、しっかりと管理が行き届いていないことも多いです。

誰でも書き込み可能な無法地帯になっているせいで、詐欺業者の書き込みなんかも平気で放置されています。

これが見極められるという人なら良いですが、当然騙されてしまう人もいます。実際に騙されている人がいるから、詐欺業者も書き込み続けるワケです。

更に掲示板そのものが詐欺というケースもあります。

もし詐欺掲示板を利用してしまった場合、当然男性とは出会えませんし、身に覚えのないサイトへの登録や料金の請求がくることもあります。

ようするに、専用掲示板には騙しも多いということですね。

専用掲示板を使うのは、ある程度リスクがあるので私はオススメしていません。

売り専ボーイは彼氏やセフレにできる?

なかには売り選ボーイを捕まえようとする人もいるようですが、これも個人的にはオススメしません。

専用掲示板よりは良いかもしれませんが、売り専の男性をプライベートな関係に持ち込める可能性は低いです。

まず売り専ボーイが全員ゲイというワケではありません。バイも多いですし、ノンケも少なくありません。

なぜノンケが売り専に行くのかというと、お金のためです。売り専で働いている男性には、お金の為に仕方なくという人も多いんです。

バイの場合も、仕事で男と接しているとプライベートは女の子と関わりがちです。その証拠に、彼女持ちで売り専をしている男の子は結構多いです。

「仕事でさんざん男と関わっているのに、プライベートでも関わろうとは思わない」という男性を下手に彼氏やセフレにしようとしても、貢ぐだけ貢いで終わります。

もちろん不可能ではありませんが、可能性を考えるとオススメできる方法ではないでしょう。

出会い系で男を探しているゲイやバイもいる

私は長年出会い系サイトを利用していますが、ゲイやバイの男性を見かけることもあります。

無法地帯の掲示板を使うくらいなら、出会い系サイトの方が安全性は高いです。

出会い系サイトでは電話番号認証や本人確認があるため、詐欺業者が登録しづらくなっています。

管理がされていない掲示板とは対照的に、しっかり管理されていることが出会い系サイトの安全性につながっています。

それに出会い系サイトを利用しているという時点で、出会いを求めて登録している人がほとんどです。

検索機能を使って絞り込むこともできるため、出会い系サイトでゲイを探すのは難しくありません。

以下は私も愛用している出会い系サイト  PCMAX (R18) の検索画面ですが、ジャンルと性別を指定することで、ゲイを簡単に絞り込めます。

もちろん地域を絞ることもできるので、同じ地域に住むゲイを探せます。

安全性の高さと検索のしやすさを考えれば、やはり出会い系サイトを使わない手はないと思います。

ただ、一つ注意すべきなのは、使う出会い系サイトが悪いとなかなか出会えないということです。

出会い系サイトにも良いサイトや悪いサイトがあるので、サイト選びだけは間違えないようにしておきましょう。

先ほど紹介した  PCMAX (R18) を利用するか、もしくは以下の記事を参考にしてください。

>>私が使う出会い系サイトはココ!出会い系選びで重要なポイントとは?

私が利用しているPCMAX以外の出会い系サイトも紹介しています。

ちなみに登録してすぐは無料でポイントがもらえるため、お金を掛けずに利用できます。

出会い系サイトを使ったことがない人には「利用料金が高いんじゃないの?」と思う人もいるようですが、そんなことはありません。

最初のポイントがなくなったとしても、せいぜい2000円~3000円ほどあれば、それなりに出会えます。

まずは無料でもらえるお試しポイントで利用してみて判断すると良いでしょう。最初のポイントだけで出会える人も多いですから、利用しないのは損です。

ぜひ一度覗いてみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする