精子を飲ませるの案外簡単だった。ごっくんしたいという女は意外といる

「自分の精子を飲ませてみたい」

そんな願望を持った男性は多いようですが、じつはこれには理由があるんだとか。

セックスをするときに避妊や性病の予防なんて考えるのは人間くらいですよね?本来生物の本能としては、中出しがしたいはずです。

男が精子を飲ませたいと思うのは、これと似たようなものではないかと言われることがあります。中出しの変わりみたいなものなんだとか。

たしかに納得がいく気もします。他にはマーキングや支配欲が満たされるからといった理由もあるようです。

何にせよ精子を飲ませたいと思う男性が多いのは事実ですが、そんな男の願望に反して、ごっくんを受け入れてくれる女の子は多くありません。

なかにはトラウマになるような不味さだという女の子もいるくらいです。

そのため普通に精子を飲ませようとすると、嫌がられることも多いでしょう。場合によっては嫌われる可能性もあるので注意が必要です。

といっても私の場合は、意図も簡単に精子を飲ませることができました。というか始めて精子を飲ませたときは「精子飲ませて」と言われましたからね。

今回は私の経験を踏まえながら、女の子に精子を飲ませるコツについて紹介します。

好きな人のお願いなら聞いてくれるのが女だが…

正直、自分のことを好きな女の子であれば、精子を飲ませることは可能でしょう。

女の子は好きな男のお願いだったら聞いちゃうものです。「精子を飲んでほしい」

というのも、捉え方によっては愛情の一つと言えますからね。

「お前だから、〇〇ちゃんだから飲んでほしい」とでも言えば、飲んでくれる子はそれなりにいるはずです。

ただ私はオススメしません。もしその相手が大切な人であるなら、無理に飲ませるのは避けた方が良いでしょう。

先ほども言ったように、トラウマになるくらい不味いと感じる人もいるくらいですから、メチャクチャ不快な思いをする可能性もあるワケです。

もし付き合っている相手なら、これが別れる理由になるかも…というのは大げさかもしれませんが、可能性はゼロではありません。

幻滅されたり嫌われたりしてもおかしくないので、できれば彼女にお願いしてまで精子の飲ませるのは避けた方がいいでしょう。

彼女に精子を飲ませるときの注意点

それでも「いや、俺は彼女に飲んでほしいんだ!」という人もいるかと思います。

そのような人は以下の3点に気をつけてください。

1.流れで無理やり飲ませようとしない

2.それとなく精子を飲むことに関する話をして、事前に探りを入れる

3.飲ませた後のアフターケアを忘れない

精子を飲ませたいという男性には、口内射精をした勢いで「そのまま飲んでほしい」と頼む人がいますが、これはNGです。

たしかに口内射精後の流れで頼めば、勢いで飲んでくれる可能性はあるでしょう。

ですがこの場合、後になって不快な気分になる可能性があります。

「急な無茶ぶりで精子を飲まされて吐きそうだった」

「無理やり飲まされて最悪だった」

といった印象を持たれるかもしれません。後のことを考えると、できるだけ事前に話して承諾を得た方がいいでしょう。

そして事前に話すときは、「精子飲んでくれない?」といきなり聞くのではなく、まずは探りをいれましょう。

たとえば以下のような切り出し方で話題を振れば、彼女が精子を飲むことに対してどれくらい抵抗を持っているかが分かります。

彼氏
この間たまたま知ったんだけど、精子ってほとんどタンパク質でできてるから結構身体にイイらしいよ。笑
彼女
えー、本当に?
彼氏
うん、肌がキレイになるとか言われてるみたい

女の子って案外飲めるもんなのかな?笑

上記の会話は一例ですが、このときの反応で彼女がどれくらい抵抗を持っているか分かります。

仮に「私だったら絶対無理!いくら好きな人だったとしてもキツい」なんて言わしまったなら、潔く諦めた方がいいでしょう。

こういう女の子に勢いで飲ませようなんてしたら、軽蔑されてもおかしくありません。

もし精子を飲むことに対してそれほど否定的でないようなら、一度頼んでみてもいいかもしれません。

また、彼女に精子を飲ませたときには、その後のアフターケアも忘れないでください。

「大丈夫だった?」

「気分悪かったらごめんね?」

「嫌だったらもう絶対しないから」

と、相手をしっかり気遣ってあげれば、たとえ吐くほど不味かったとしても、そこまで幻滅されないでしょう。

大切な彼女であれば、ひとりよがりな行動は慎むべきです。

エロい女やビッチはごっくん経験済みが多い

女の子に精子を飲んでもらうとき、私ならワンナイトやセフレ関係の女の子を選びます。

最悪関係が切れても仕方ないと思える相手であれば、後のことを考えず精子を飲ませることができます。

それに簡単にエッチできる子やエロい子には、じつはごっくん経験者が意外と多いんです。

私も昔は全然知りませんでした。基本的には女の子が自ら精子を飲んだ経験を語ることは少ないですからね。

冒頭でも言いましたが、私は一人の女の子から「精子を飲みたい」と言われたことがあります。

この子と出会ったことをキッカケに、「飲んだことがあるか、精子を飲めるか」という質問を女の子にする機会が増えました。

もちろん普通の女の子には飲んだことがない子も沢山いますが、いざ聞いてみるとビッチやエロい子には意外とごっくん経験者の割合が多かったんです。

そのなかには「飲んだことはあるけど、もう飲みたくない」という女の子もいましたが、頼めば普通に飲んでくれるような子も結構いました。

私が精子を飲ませるとしたら、こういう女の子を狙います。その方が相手を不快にさせにくいですし、最悪嫌われても特に問題はありません。

ちなみに今まで私が精子を飲ませた女の子は、全て出会い系サイトで知り合った子です。

私は普段から出会い系サイトでエッチできる女の子を探しているのですが、ごっくん経験者と出会うことは結構多いです。

未経験者の場合も、精子を飲むことに興味を示したり抵抗を示さなかったりと、否定的でない子が多いです。

出会い系サイトにはエロい子が多いですから、その分精子を飲むことに抵抗がない子が多いんだと思います。

その辺で知り合った普通の女の子だと、否定的な子も結構いますからね。

女の子に精子を飲ませたい男性は、今回紹介したことを参考にして相手を探してみてください。

ちなみに出会い系サイトで探してみたいという人は、以下の記事を参考にしてください。

>>私が使う出会い系サイトはココ!出会い系選びで重要なポイントとは?

実際に私が使っている出会い系を紹介しています。

また、出会い系でどうやって女の子を探すかについては以下の記事を読んでもらえたらと思います。

>>出会い系サイトを使ったワンナイトラブの方法が超簡単だった!

私が使っている方法なので、これを参考にすれば精子を飲んでくれる女の子も見つかりやすくなるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする