使用済み下着を売る女からパンツを買うには?出会い系が安全な理由

女の子の使用済み下着に興味はありますか?

「お金に困っている、お小遣いが欲しい」といった理由から、自分の使用済み下着を売る女の子は結構います。

男性のなかには「女の子のパンツに興味はあるけど、どうやって手に入れたらいいんだろう?」という人もいるでしょう。

というわけで今回は、使用済み下着を手に入れる方法や注意点について紹介します。

使用済み下着と手に入れるのは難しくはありませんが、場合によっては痛い目に遭うこともあるので注意も必要です。

使用済み下着(パンツ)を買うときに使われる専用掲示板って?

使用済みの下着を買う方法の一つに、掲示板の利用があります。

文字通り使用済み下着を売り買いするための掲示板で、下着を売りたい女性の書き込みが多く見られます。

一応、下着の売買専用掲示板ではありますが、これをスタンダードな方法だと思わない方がいいです。

というのも専用掲示板にはいくつか注意点があります。

専用掲示板の落とし穴とは?

これは下着の売買に限ったことではありませんが、専用掲示板の書き込みには詐欺業者が多く紛れ込んでいる場合も。

なかには掲示板そのものが詐欺という可能性だってあるでしょう。

掲示板そのものが詐欺であれば、当然下着は買えません。仮に掲示板自体は詐欺でなくても、書き込みが業者なら同じことです。

ようするに、掲示板の利用は騙されるリスクも高いということですね。

専用掲示板は使用済み下着だけでなく、SM掲示板、ゲイやレズの掲示板など様々なものがあります。

このようなアブノーマルな性癖に狙いを定めて詐欺を働く業者もいるので気をつけてください。

また専用掲示板だと、17歳以下の女の子(女子高生や中学生)が紛れ込んでいる可能性があります。

まぁリスクを冒してでもJKやJCのパンツが欲しいというのであれば別ですが、さすがにハイリスクすぎるので止めておいた方がいいでしょう。

このように掲示板は、誰でも好き勝手に書き込みできるケースが多く、無法地帯になっているため、このようなリスクは避けられません。

出会い系サイトで使用済み下着(パンツ)を買う人が多い理由

個人的にオススメなのは出会い系サイトです。もし使用済み下着が欲しいのであれば、一度出会い系サイトを覗いてみてください。

なぜ出会い系が良いのか、理由は以下の通りです。

  • お金に困った正真正銘の素人がいる
  • 本人確認によって業者や18歳未満の利用者を防いでいる
  • 郵送による詐欺パンツを回避しやすい
  • 直接手渡し、もしくはその場で脱いで渡してくれる子もいる

出会い系サイトだと、下着を売っている女の子の数はそれほど多くありません。ですが安全性や確実性の高さはピカイチです。

出会い系サイトでは、登録の際に電話番号認証や本人確認を行うことで、業者や18歳未満の利用を防いでいます。

そのためお金に困って下着を売っている正真正銘の素人がいますし、18歳未満の利用者が紛れていることもほとんどありません。

もちろん100%安全とは言い切れませんが、無法地帯になっている掲示板に比べれば確実に安全です。

また出会い系サイトだと手渡しでくれる子も多いです。素人の女の子にとって郵送は面倒くさいですからね。

買う側としても手渡しの方が良いはずです。郵送だと「使用済み」なんて言って適当な下着を送ることもできますからね。

じつは業者や男が使用済みと謳ってパンツを売っているケースもありますから注意が必要です。

出会い系サイトだと、その場で脱いで渡してくれるなんて女の子もいますからね。

「その場で脱いでくれなきゃ本当に使用済みか分からないでしょ?」といえば、お金欲しさに納得してくれるケースも少なくありません。

これだけ安全かつ確実に使用済みパンツを手に入れられるのは、出会い系サイトだけでしょう。

だからこそ、あえて出会い系サイトを利用する人が多いんです。

以下の画像は  PCMAX (R18) という出会い系サイトの掲示板で見つけた書き込みですが、出会い系サイトにはこのような女の子が一定数いるんです。

このように、お金欲しさに下着を売る女の子は探せば見つかります。安全かつ確実に下着を手に入れたい人は、一度出会い系サイトを覗いてみてください。

ちなみに出会い系サイトにも良いサイトや悪いサイトがあります。

優良サイトを使った方が女の子も見つかるので、どのサイトを使うかも重要です。

もし使うべき出会い系サイトが分からないようであれば、以下の記事を合わせて読んでみて下さい。

>>私が使う出会い系サイトはココ!出会い系選びで重要なポイントとは?

私が実際に使っている出会い系サイトも紹介しているので、参考にしていただけたらと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする