オタクが彼女を作る方法:セフレを作るのも夢じゃない?

「自分はオタクだから彼女ができない」「オタクだから女の子と仲良くできない」

なんてことを考えているオタク男性は少なくありません。

オタクという言葉だけを聞くと、一般女性はどうしても悪いイメージを持ちやすいです。

そのため、「自分はオタクだから…」とネガティブになる男性もいるわけですが、実際にはオタクだから彼女ができないなんてことはありません。

今回は「彼女を作りたい、もっと女の子と遊びたい」と思っているオタク男性に向けて、オタクが彼女を作る方法を紹介したいと思います。

そもそも、オタクが問題なわけではない

オタクという言葉だけを聞くと、一般的にはあまり良い印象を持たれにくいですが、実際にはオタクでも彼女を作れている人は沢山います。

むしろ、人によっては女の子と遊びまくっている、ヤリまくっているというオタクさえいます。

「どうせイケメンのオタクだろ?」なんて言う人もいますが、大してかっこよくもないオタクが女の子と遊びまくっているケースも全然あります。

女性経験が少ない人は知らないかもしれませんが、女の子と遊びまくっているブ男なんて、世の中には腐るほどいますからね?

なぜかっこよくもないオタクが女の子と遊びまくれているかと言うと、こういう男性は自分がオタクであることを後ろめたく感じておらず、単純に女性の前で堂々としているからです。

「俺、じつはオタクなんだよね!」と明るく平気で女の子に言えるようなタイプなんです。

なかには、オタクであることを隠して女性と関わっている人もいますが、この場合も女の子の前では堂々としています。

それに、実際にはオタクということが知られたところで、大した影響はないんです。

もちろんオタクの度合いにもよりますが、「うっわ、オタクとか無理…」なんて思う女の子はごくわずかでしょう。

それよりも人柄や性格で判断される可能性のほうが高いです。

たとえば、「あの…、じつは僕、オ、オタクで….アニメとか、す、すきで….」と、挙動不審のオタクは、99%の女性が悪い印象を持ちます。

これでは「キモい…」と思われて当然です。

ですが、「俺じつはオタクなんだよね!意外?よく言われる!」こんなオタクならどうでしょう?

最初からオタクに偏見がある女の子は別ですが、普通の女の子であれば大して悪い印象を持ちません。

つまり、たとえオタクだろうが、堂々としていればいいだけなんです。

オタクであることが根本的な問題なのではありません。内気な性格やコミュニケーション能力が問題になっていることがほとんどでしょう。

実際、私の知る限り、一定のコミュニケーション能力がある人であれば、オタクでも普通に彼女が作れてますよ。

ある程度女性と接していれば、コミュニケーション能力も自然と上がるので、女の子とも普通に遊べるようになってきます。

それに、オタクであることが有利に働く場合だってあるんです。これは後ほど紹介しますが、大してかっこよくもないオタクが女の子とヤリまくれているのもこのためです。

ここまでの内容を読んで、「堂々としていれば良いということは分かった。けどそれって、根暗でコミュ障なオタクは詰んでるよね?」と考える人もいるでしょう。

たしかに、根暗&コミュ障は最悪です。女性ウケは悪いでしょう。ただこれは、根暗でコミュ障なのが問題なのであり、オタクであることは全く関係ありません。

どちらかと言えば、「自分はダメだ」という劣等感から根暗になったりコミュ障になっている可能性が高いです。

このせいで、自分がオタクであることに関してもネガティブになっているんだと思います。

先ほど堂々としていればいいといったのは、じつはオタクだけに限ったことではありません。根暗でコミュ障な全ての男性に言えることです。

根暗&コミュ障が問題となっている場合、ただ堂々としているだけでも、かなりの問題は解決します。

これに加えて、明るさや積極性が加わると尚良いのですが、まずは堂々としていることが第一歩です。

「オタクだから彼女できない…」ではなく、「僕オタクです!彼女ほしいです!」くらい堂々としていましょう。

女の子は似た趣味を持つ男性に好感を持つ

堂々とすることが大切だと言っても、実際にすぐに変わるのは難しいでしょう。

そんな人は、まずはオタクの女の子と関わりまくってください。ブスでもデブでもなんでもいいです。別にそれほど親しくなれなくてもいいです。

とにかく、オタクの女の子と関わって、女の子と接することに慣れてください。これは、彼女ができないオタクが一番にすべきことです。

普通の女性とは上手く喋れないオタクも、オタクの女の子であれば話が話題が尽きにくく話しやすいです。

これはオタクに限ったことではありませんが、女の子は自分と近い趣味を持った男性に好感を持ちます。

同じオタクというだけで仲間意識が芽生えるものです。

そのため、最初にオタクの女の子と積極的に関わることで、オタクの男性はどんどん女の子に慣れていきますし、遊べるようにもなってきます。

むしろ、これすら実践しようとしないなら、「諦めてください」としか言いようがないかもしれませんね。

最初は上手く関われくて当然です。これは男性であれば誰もが通ってきた道です。これを克服するには経験を積む以外にないんです。

オタクが彼女、あわよくばセフレを作るためにすべきこととは?

「とにかくオタクの女の子と関わりまくることが重要!」と言いましたが、「どこで出会えばいいの?」と思った人もいるでしょう。

私が一番最適だと思うのは、 “出会い系サイト” です。

出会い系サイトには様々な女の子がいますが、オタク女子も結構な確率で見かけます。

なぜオタク女子が出会い系に多いのかと言うと、外で人と接するよりもネットで仲良くなる方が性に合っている女の子が多いからではないかと思います。

オタクだからこそ出会い系を利用するということです。

異性と仲良くしたいという思いは、なにもオタク男子だけに限ったことではありません。オタク女子にも同じ思いはあるんです。

そして、出会い系に登録しているという時点で、多少なりとも男性を求めていることですから、出会い系に登録しているオタク女子はオタク男子にとっては狙い目でしょう。

また、オタクの女の子には、「アニメが好きな人は仲良くしてください!」「私がオタクなので、オタクの男性と仲良くしたいです」という子が多いです。

こういう子と仲良くなる上では、間違いなくオタクであるほうが有利です。

じつは、大してかっこよくもないオタクが女の子とエッチできているのは、自分がオタクであることを活かしながら、オタク女子ばかりを狙っているからなんです。

出会い系のオタクの女の子にはヤリやすい子も多いので、「女の子と遊びたい」「イチャイチャしたい」「エッチしたい」という人にとっても、出会い系は活用すべきツールです。

どうせなら、あなたもオタクであることを活かして、オタクの女の子とどんどん仲良くなっていくべきでしょう。

これができれば、彼女を作ることも難しくありませんし、セフレを作るなんてことも全然無理な話ではないんです。

ちなみに、出会い系サイトを使うときには、どのサイトを使うかも重要です。

もしどんな出会い系サイトが良いか分からない場合は、以下の記事を参考にしてください。

>>私が使う出会い系サイトはココ!出会い系選びで重要なポイントとは?

私が実際に使っている出会い系サイトも紹介しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする