キャバ嬢と付き合いたい人!出会い系で本音を聞くと彼女にしやすいよ

「キャバ嬢と付き合いたい」「彼女にしたい」と考える男性は多いですよね。ですが、これって結構難易度が高いです。

下手すると、お金を貢ぐだけ貢いで終了です。

私もお店のキャバ嬢を彼女やセフレにしたいと考えたことがありますが、諦めました。

理由は、なかなか引き際が分からない上に、金銭的なリスクが大きいこと。そして、他にもっと良い方法を見つけたからです。

というわけで、今回は私がキャバ嬢を彼女にした時のことを参考にしながら、キャバ嬢を彼女にする方法を紹介します。

客と言う立場である限り、キャバ嬢の本音は分からない!

突然ですが、あなたはキャバ嬢の本音って分かりますか?

「そりゃ当然!」「もう何回も通ってるし、あの子の気持ちは分かっている!」という人は素晴らしいです。女性の本音を汲み取ってあげることは大切ですからね。

ですが、それって本当に正しいですか?確信はあるのでしょうか?

キャバ嬢が自分に本音を晒してくれているか、確信を持てる人は少ないはずです。なぜなら、キャバ嬢は本音を隠した方が都合がいいからです。

たとえば、全くかっこいいと思っていない男性でも、「かっこいいですね」とキャバ嬢は言います。スゴイと思わない男性に対しても、「スゴイですね」と言います。

理由は簡単ですね。本音を見せず、時には嘘をついた方が自分の利益につながるからです。残念ながら、これが現実です。

もちろん、全てが嘘ばかりではないでしょう。なかには客に本音を見せているキャバ嬢もいます。

ですが、それってどうやって判断しますか?できないですよね?

「〇〇さんだけには本音で話せる」なんて言いながら、他の客にも同じことを言っているかもしれませんし、本当は全く本音を見せていない可能性があります。

なかには「俺には本音を言ってくれている」「信じている」と思う人もいるようですが、これって全く確証はないですからね。

冒頭でも言った通り、私もお店のキャバ嬢を彼女にしたいと思ったことはありますが、どうも本音が見えなかったのでやめました。

ホントお金を貢ぐだけ貢いでサヨナラとか笑えませんからね。

そもそも、客とキャバ嬢という関係性である以上、相手の本音なんて分からなくて当然です。本音を隠してたほうが相手は得するんですもん。そりゃ隠しますよね。

これは客とキャバ嬢という関係性である限り、永遠に変わりません。私たちが”客”である限り、キャバ嬢の本音なんて見えるわけがないんです。

キャバ嬢を本当の彼女にしたければ、客になるのはやめよう!

もしキャバ嬢と付き合いたいのなら、客という立場は結構不利でしょう。理由はここまで述べたとおりです。

最悪、お金を貢いであげれば彼氏にはなれるかもしれませんが、これはあくまで表面上の彼氏であって、本気でキャバ嬢が彼氏だと思ってくれているかは疑問です。

結局、お金ありきで成り立っている関係性である以上、相手には嘘をつくメリットがあります。本音は分かりませんし、お金を絞り取られる可能性だってあります。

これを脱するために一番早いのは、客という立場にならないことです。そして、仕事とは関係ない場所でキャバ嬢と接したほうがいいです。

親密な関係を築きたいなら、キャバ嬢が何も気を遣う必要がなく、本音だけを話せるような環境で接するのがベストです。

このような状態で本音を話せる相手になれれば、親密な関係を築くのは簡単です。

「そんなことできないだろ」思うかもしれませんが、一つだけ本音を晒しまくったキャバ嬢と繋がれる場所があります。

それは、出会い系サイトです。じつは水商売をしている女の子には、出会い系サイトを使っている子が多いんです。

なぜだか分かりますか?出会い系サイトを使うことで、仕事の悩みやストレスを解消しているんです。

ハッキリ言って、キャバ嬢にとって客は気を遣う存在です。

稼ぐためにどうやって客を増やすかどうやって多くの客をつなぎとめるか、ということを考えながら、本音を隠して “接客” をしているんです。

そして、日々の接客は彼女たちにとって大きな負担です。ストレスは溜まりますし、時には病むことだってあります。

そんなキャバ嬢にとって出会い系サイトは、仕事で抱えたストレスや悩みのはけ口になっているんです。

嫌な客や仕事内容への不満を出会い系サイトで漏らし、ときには出会い系サイトの男に相談したり愚痴を聞いてもらったりしているんです。

ここで問題ですが、仕事で営業トークを交えながら話す客愚痴や悩みなどの本音を聞いてくれる出会い系の男、果たしてどちらの方が親密になれるでしょうか?

明らかに後者だと思いませんか?私がキャバ嬢をお店で口説かないのはこのためです。

出会い系サイトだと、お店や客の愚痴も言いたい放題、悩みも話したい放題ですからね。

出会い系サイトの男なら、キャバ嬢が本音を隠すメリットはありません。むしろ”お店や客の前では言えないことを誰かに聞いてほしい”と思っているキャバ嬢は多いんです。

出会い系サイトに登録しているのも、そういう相手を求めているからです。実際、私がキャバ嬢を彼女にした時も、相当愚痴や悩みを聞きました。

「こんな客がいてウザい」「お金は落としてくれるけど面倒くさい」「話して疲れる客がいる」「店長がムカつく」「精神的に辛くて出勤したくない」

など、こんな愚痴や悩みは客には簡単に話せません。どこから周りに漏れるか分かりませんからね。

客と言う立場になるのではなく、最初から本音を話せる関係性を築いていった方が、彼女にできる可能性は圧倒的に高いです。これは私自身の経験からも言えることです。

もし、これからキャバ嬢を彼女にしようと思うなら、お店にいるキャバ嬢を口説くのではなく、出会い系サイトにいるキャバ嬢を一度狙ってみてください。

サイトの検索機能を使えば、キャバ嬢なんていくらでも出てきますからね。ぜひ一度出会い系サイトを覗いてみることをオススメします。

キャバ嬢の本音や抱えている悩みが理解できるはずですよ。

ちなみに、出会い系サイトを使うときには、どのサイトを使うかも重要です。

もしどんな出会い系サイトが良いか分からない場合は、以下の記事を参考にしてください。

>>私が使う出会い系サイトはココ!出会い系選びで重要なポイントとは?

私が実際に使っている出会い系サイトも紹介しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする