童貞を捨てたい!という人へ:童貞を捨てる方法にはコレがおすすめ

「早く童貞を捨てたい」

「この歳で童貞は恥ずかしい」

そう考える童貞男性は多いでしょう。正直、童貞を捨てるだけであれば、それほど難しいことではありません。

ただ、その方法もさまざまなので、今回は童貞を捨てるのにおすすめの方法を紹介したいと思います。

童貞を捨てる方法として考えられるもの

まずは童貞を捨てる方法として考えられるものをいくつか紹介しておきます。

童貞を捨てる際の選択肢は以下の通りです。

現在繋がりがある女性の中から彼女を作る

最も正攻法と言えるのが、彼女を作って童貞を卒業することです。

初めてできた彼女との初エッチで童貞を卒業というのが、一般的には多いパターンでしょう。

この方法で童貞を早く卒業したいのであれば、現在つながりのある女性の中から彼女を作るのが良いです。

ただ、そんな都合よく彼女になってくれる人が周りにいれば苦労はしないでしょう。

多くの童貞は、彼女ができないからこそ童貞なんだと思います。

あてがあるなら、彼女を作ることを考えてもいいですが、早く童貞を卒業したいと考えている人には少々ハードルが高いかもしれません。

ちなみに、中学生や高校生なら、同級生と付き合う、周りの友達に女の子を紹介してもらう、他校の女の子をナンパしてみる、などの方法で彼女を作るのが良いかと思います。

ソープで童貞を卒業する

最も手っ取り早い方法として挙げられるのは、ソープの利用です。

お金さえ払えば、確実に童貞を卒業できるため、「こうなったらソープや!」と考える男性は少なくありません。

ですが、これは私が最もおすすめしていない方法です。

もし童貞の卒業したいと思っているなら、ソープに行って問題が解決するとは思わない方がいいです。

なぜなら、ソープで童貞を卒業したとしても、その後は素人童貞と呼ばれるだけだからです。

私の知り合いにも、ソープで童貞を卒業した奴がいますが、その後は素人童貞と呼ばれています。笑

はっきり言って、非童貞からすれば童貞も素人童貞も同じようなものです。それに素人童貞の場合、胸を張って「俺は童貞じゃない」と言えません。

「高いお金を払ってまで、わざわざ素人童貞になる必要なんかあるのか?」というのが正直なところです。

ちなみに、これについては以下の記事でも紹介しているので、気になる人は合わせて読んでみて下さい。

>>ちょっと待て!ソープで童貞捨てる(卒業する)と損するぞ!

ナンパで彼女を作る or セックスする

「童貞を卒業したいけど出会いがない」という男性は少なくないでしょう。このような人は、ナンパをするという方法もあります。

ナンパであればどこでもできますし、クラブなんかに行けばヤレる女の子もたくさんいます。これができれば、童貞の卒業も簡単でしょう。

ただ、ほとんどの童貞はナンパなんてできないですよね?童貞にとってはてハードルが高すぎますし、たとえ非童貞でもできない人が多いでしょう。

「ストリートナンパで彼女を作って童貞卒業!」なんてことを言う人もいますが、童貞が下手に手を出すことではありません。

もちろん、ストリートナンパができるようになれば、彼女はおろかセフレも作れるようになりますし、童貞なんて言葉からは無縁になるでしょう。

ただ、今はその時ではないかと思います。

出会い系で彼女を作る or セックスする

じつは、ソープの次に手っ取り早いのが、出会い系サイトを活用することです。

理由は簡単です。出会い系サイトには出会いを求める女性が多く登録しています。

それこそ、「彼氏が欲しいけど出会いがないから」という女の子もいますし、「エッチしたい、セフレが欲しい」なんて子もいます。

大前提として、男女の出会いを目的としたサイトに登録している女の子であるため、彼女にしたり身体の関係に持ち込んだりしやすいんです。

さらに、童貞の特権とも言えるのが、童貞好きの女性と出会えることです。

出会い系サイトにはさまざまな女性がいますが、その中には女性経験が少ない男性や童貞を好む女性もいます。

つまり、童貞が武器になるんです。これを使わない手はないでしょう。私だったら絶対童貞好きの女性に拾ってもらいます。

「ソープで卒業!」なんて考えている場合ではないです。笑

もし、現在18歳以上で童貞のままなら、一度出会い系サイトを覗いてみることをおすすめします。(出会い系サイトが18歳以上でなければ使えないため)

ちなみに、出会い系サイトを使うときには、どのサイトを使うかも重要です。

もしどんな出会い系サイトが良いか分からない場合は、以下の記事を参考にしてください。

>>私が使う出会い系サイトはココ!出会い系選びで重要なポイントとは?

私が実際に使っている出会い系サイトも紹介しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする