出会い系で失敗する人の特徴:出会えない、セックスできない人は必見

私は日頃から「出会い系は出会えるし、ヤレる子が見つかる!」と言っています。これは決して適当に言っているわけではありません。

私自身、出会い系で女の子を見つけてエッチをしていますし、同じように出会い系を活用して女の子と出会っている男性は多いです。

ちゃんと活用できれば、出会い系サイトは効率よく女の子と出会えるツールなんですが、なかには「出会える女の子が見つからない」「エッチできない」という男性もいます。

このような男性は、女の子の探し方が悪かったり、狙う女の子を間違えていたりすることが多いです。

「結局は顔がいいやつしか会えないんだろ」なんて言う人もいますが、世の中ブサイクでも女の子とヤリまくれている男は腐るほどいます。

当然顔が良い男性のほうが有利ではありますが、だからといって顔を言い訳にしているようじゃ「そりゃ出会えないしセックスできないよ」って話です。

女の子とよろしくやってる男性は、イチイチ自分のルックスの良し悪しなんて気にしてません。ルックスを気にしたところで仕方ありませんからね。

それよりも、どうすれば女の子と出会えるのか、セックスができるのかを考えているんです。これができているか否かによっても、出会い系で出会えるかどうかが決まってきます。

というわけで今回は、出会い系で失敗する人の特徴失敗しないためのコツについて紹介したいと思います。

「出会い系で女の子と会いたい」「エッチがしたい」と思っている人は、しっかり確認しておいてください。

出会い系サイトで失敗する人にありがちな4つの特徴

出会い系サイトで失敗する人の特徴は、全部で4つです。

これらに当てはまっている人は、出会い系サイトの使い方を見直すべきでしょう。

もし当てはまっている部分があれば、今すぐ改善してください。

写真を載せない

出会い系に失敗する人がやりがちなミスのなかでも、特に多いのがプロフィール写真を載せないことです。

以下のような理由でプロフィール写真を載せない人は多いです。

  • 知り合いに身バレするのが怖い
  • ルックスに自信がない

大体はこのどちらかでしょう。気持ちは分かりますが、写真を載せているかどうかで女の子と出会える確率は大きく変わります。

たとえ簡単に会えるような女の子でも、写真を載せていないことが原因で全く相手にされないなんてこともあります。

見た目に自信がないから載せないという人もいますが、あなたの見た目がどうであれ、写真を載せてない男性よりは載せている男性の方がマシです。

仮に写真を載せずに絡んでくれる女の子がいたとしても、会う約束をする前には確実に写真を要求されます。

顔も分からない男と会おうなんて女性は殆どいませんからね。

見た目に自信がないからといって写真を載せないのは、出会えるチャンスをムダにしているだけなのでやめましょう。

「そんなこと言ったって、ブサイクだったら結局絡んでもらえないだろ」と思う人もいるでしょう。

確かに、ブサイクな男性が普通に写真を載せたら、絡んでくれる女性は少ないです。

ですが、ルックスに自信がないなら馬鹿正直に自分の顔写真を載せなければいいだけです。

これは私自身にも当てはまることですが、詐欺写真を載せて女の子と会っている男性は多いです。

詐欺というのは、単純に写りが良い顔写真を載せるというだけではありません。たとえば、ルックスに自信がない人には以下のような写真がおすすめです。

・顔は分かりにくいけど、服装がオシャレな写真

・少し遠目から撮っている雰囲気がかっこいい写真

顔がハッキリと分からない写真でも、このような写真を載せている男性とは女の子も絡んでくれます。

イメージや雰囲気って男性が思っている以上に重要ですからね。特にネット上で関わるときには重要です。

「結局は顔」という意見も、出会い系サイトの場合は少し違います。たとえイケメンであっても、逆に警戒されることがあるんです。

というのも出会い系サイトには、あからさまなイケメン写メを使った業者や集客目的のホストなんかもいます。

たとえ業者やホストでなくても、写真がイケメンだからといって実物が本当にカッコイイとは限りませんよね?

いざ会ってみたら、「全然違うじゃん…」なんて経験は誰にだってあるものです。

つまり、写真がかっこいいというだけでは判断できないのが現実であり、「結局会ってみるまでは分からない」というのは、女の子側も重々承知していることなんです。

そのため、ルックスに自信がないからといって写真を載せないのはナンセンスです。多少詐欺でも雰囲気だけでも、写真は載せるべきでしょう。

写真のかっこよさよりも、良いイメージや良い印象を持てるかどうかが大切ということです。

「顔は分からないけど、印象が良い」「雰囲気がいい」と思わせるようにしましょう。

「結局会ったときにガッカリされるんじゃ…」と考える人もいますが、これを気にしてはいけません。とりあえず女の子と会えないことには何も始まりませんから。

極端な話、詐欺写メでもなんでもいいから、まずは会うところまで持って行くことが重要なんです。正直、男の顔なんてある程度喋って仲良くなれば見慣れます。

それにヤレる女の子の場合は、会うところまでこぎつければ顔に関係なくヤレるものです。

一緒にいて楽しかったり良い印象を与えることができたりすれば、話しているうちに顔なんて気にならなくなるものなんですよ。

それなのに、自分のルックスに自信がない人は、自らこのチャンスを潰していることが多いです。

とにかく、まずは会える状態まで持って行くということが重要であり、そのためには写真の掲載は必須と思っておくべきでしょう。

ちなみに、写真で身バレしたくないという人は、知り合いが見ても自分と分からない写真を載せればいいだけです。

先ほど紹介したような雰囲気だけの写真や詐欺写真で、パッと見では自分と判断できないものを載せておけばOKです。

プロフィール欄を埋めない

プロフィール欄をほとんど埋めていない男性は多いですが、これもNGです。

写真を全く載せていない人に比べればマシですが、プロフィール欄を埋めている男性のほうが女の子も絡みやすいです。

特に、収入欄は記入しておいた方がいいです。女の子は男性の収入をやたら気にしますから、あまりに少ない収入でなければ、記載しておくのが無難です。

他には、仕事、趣味、サイトを利用している理由などを書いておくと良いでしょう。長々と書く必要はないので、簡単にでも書いておきましょう。

プロフィールの書き方に関しては、女の子のプロフィールを参考にして書くと良いですよ。

当然ながら一番悪いのは、プロフィール欄も埋めずに写真も載せていない男性です。ハッキリいって、これでは出会えるわけがありません。

なんでもいいので写真は必ず載せ、できれば丁寧なプロフィールも書いておきましょう。

手当たり次第メッセージを送り、狙う女の子を絞らない

これも出会い系で上手くいかない男性にありがちなんですが、不特定多数の女の子に手当たり次第にアプローチしまくるのはやめましょう。

狙う女の子はある程度絞るべきです。

“数を打てば当たる”というのも一理あるので絶対ダメとは言いませんが、効率が悪すぎます。

たとえば、100人の女の子に片っ端からメッセージを送る場合、どうしても時間がかかりますし、一人一人へのメッセージは自然と内容が薄いものになります。

「良かったら絡みませんか?」「お話ししませんか?」など、同じことを他の女の子にも送ってそうなメッセージほどスルーされやすいです。

逆に、「〇〇が好きなんですね!」「最近彼氏と別れたんですか。ツラいですね。」といったように、女の子がプロフィールに書いていることについて触れると、返事率も上がります。

投稿内容について触れるのも良いでしょう。

要するに、その女の子に合わせたメッセージを送らなければ、返信率は悪くなるということです。特に、可愛い子ほど適当なメッセージでは反応してくれません。

それに、目的は返事をもらうことではなく、実際に会うことやセックスまで持ち込むことですよね?

それだったら、最初から出会える子やヤレる子だけに狙いを定めた方がよっぽど確率は上がります。

適当にメッセージを送りまくっても、ヤレないブスから連絡が来たところでどうするの?って話です。

といっても、女の子を1人ずつ相手にしろというワケではありません。ヤレそうな子を数人に絞り、多くても10人以内に留めておいたほうがいいということです。

私の場合だと、同時にやりとりするのは、せいぜい5人くらいです。

メッセージを送る前に女の子を絞り込み、その中でも可愛い子や、よりエッチが出来そうな子を優先していると、大体それくらいの人数になります。

もし「ヤレる女の子の見分け方なんて分からない!」というのであれば、以下の記事を参考にしてみてください。

>>ヤレる女と出会いたいならこの方法!やらせてくれる女の特徴と見分け方

イチイチ見分けるのが面倒くさいという人は、以下の記事で紹介している方法なんかもオススメです。

>>居酒屋からお持ち帰りしてセックスに持ち込む私の鉄板パターン

私が出会い系サイトの女の子をセックスに持ち込むときの鉄板パターンを紹介しています。これを使えば細かいことを考えなくても、結構な確率でヤレる女の子が見つかります。

使っている出会い系サイトが悪い

そもそも使っている出会い系サイトが悪いなんてケースもあります。出会い系サイト選びを間違うと本当に出会えないですからね。

まず、使うべきなのはポイント制の出会い系サイトです。

月額制のサイトもありますが、私の感覚としてはポイント制の出会い系サイトの方が女の子の質が良く、それほどお金をかけずに出会えます。

加えてどんな男がいるのか、男女比はどれくらいなのか、なども考えたほうがいいです。

ポイント制の出会い系サイトの場合は女の子が無料で使えるため、男女比の偏りが少ないです。月額制の出会い系サイトだと、明らかに男の比率が高いこともありますからね。

なにより、ポイント制の出会い系サイトの方が攻略が簡単です。

ポイント制の出会い系サイトだと、ポイントを節約しようとする男がほとんどです。

「ポイントがないからラインしない?」というように、できるだけ早くプライベートな連絡手段に誘う人が多いのですが、女の子はこのような男性を敬遠します。

そのため、このような男性が多い中で、すぐには連絡先を聞かずに紳士的な対応をしておくと、女の子からの印象は良くなりやすいです。

そして、ある程度やりとりをした後、以下のようなメッセージを送りましょう。

「サイトのメッセージってなかなか気づきにくいんだよね。よかったらラインかカカオとかできないかな?嫌だったらごめんね!」

と、このときもあくまで紳士的な対応をしましょう。ポイントのことには触れず、「なかなか気づきにくい」「もっと仲良くなりたい」と言った理由でラインやカカオに誘います。

ちなみに出会い系サイトを使うなら、カカオは確実にインストールしておきましょう。「ラインは無理だけどカカオならOK!」という女の子は多いです。

連絡先を聞くときには最後にお詫びの言葉を入れておくと、女の子側もすんなりと連絡先を教えやすいです。

そもそも出会い系に登録している時点で、女の子側もある程度は出会いは求めているものです。そうでなければ、わざわざ出会い系サイトを選ぶ必要はありませんからね。

Twitterやその他のSNSをしてればいいんですから。

コチラが女の子を不快にさせず、良い印象が与えられれば連絡先の交換や会う約束をすることは難しくありません。

ダメなのは、ガツガツしすぎたり、いきなりプライベートな連絡先を聞いたりすることによって女の子の不快感や警戒心を高めてしまうことです。

むしろ、これをやってしまう男性ユーザーがいることを逆手に取り、紳士な対応を取ることが出会い系サイトの攻略につながるので覚えておきましょう。

もちろんポイント制の出会い系サイトにも、良いサイトや悪いサイトはあります。

もしどんな出会い系サイトが良いか分からない場合は、以下の記事を参考にしてください。

>>私が使っている出会い系サイトはココ!出会い系選びで重要なポイントとは?

私が実際に使っている出会い系サイトも紹介しています。

今回紹介したことを参考にして、一度出会い系サイトの使い方を見直してみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする