節約で貯金を増やす方法といえば、「〇〇の過ごし方」と「〇〇の見直し」

f:id:C-write:20170331003644j:plain

お金を貯めるために節約をしようと考えていても、「実際に貯金に回せるほどのお金を節約で捻出するのは難しい」と思う人も多いでしょう。

 そこで、具体的にどのような節約方法があるのかをご紹介したいと思います。

ちなみに、この記事では"具体的な支出の抑え方"を説明してますが、別の記事でお金の貯め方の基本についても書いてますので、よろしければ合わせてご覧ください。

www.cq-life.net

 

 

まずは固定費の見直しから

あなたの支出には固定費と変動費があるはずです。どちらの節約もご紹介しますが、まずは固定費から説明します。

固定費は変動費に比べ、大幅に削減する余地が残っていることがあります。

さらに一度抑えることができれば、継続的に支出を抑えることができるので節約効果が大きいです。ですので、まずは固定費から見直すことをお勧めします。

 

保険の見直しで固定費を大幅に削減

本当に今のプランが自分にとって適切であるか、もう一度考えてみましょう。

たとえば、「掛け捨ては損」という思い込みで積み立てにし、月々の保険料を払い過ぎている人もいます。

まずは自分の保険に不要な保証などがないかチェックしてみましょう。(特約カットにできないかなど)

また、保険は複雑すぎるために、それぞれの保険の内容をあまり理解できずに余計なコストがかかっていることも少なくないです。見直せばかなりの固定費が浮くこともあるのでしっかり見直しておきましょう。

 

携帯は格安SIMを検討してみる

携帯料金に関しても払い過ぎている人が多いです。

ドコモ・au・SoftBankなどのキャリアから格安SIMに乗り換えるだけで月々1人6,000円~8,000円ほど安くなることはよくあります。

格安SIMに関してはこちらに詳しく説明してますのでご覧ください。

年間1人10万円近くの支出を削減できるのはかなり大きいですよね。もし、格安SIM変更しても問題ないようであれば絶対に乗り換えるべきでしょう。

また、通常のキャリアのままでも本当に自分に必要な携帯の機能見直し、プランを変更するだけで月々の携帯代安くできることあります。

ですので携帯プランの見直しは、一度は確実にするべきです。

 

格安SIMについてはこちらの記事で解説してますので、よろしければご覧ください。

www.cq-life.net

 

光熱費の節約も侮れない

続いて、光熱費に関してです。光熱費は一見節約しても大した額にならないと思われがちですが、先程もいったように、固定費は継続的に削減できるということを考えると侮れません。

それでは、どのようにして光熱費を節約するか説明いたします。

 

契約電力を下げる

契約してるアンペア数を下げるだけでも、年間数千円程度は抑えれます。

ただし、この場合ブレーカーが落ちやすくなるというデメリットがあり、消費電力の大きい家電の同時使用に注意しなければなりません。

 

待機電力の大きい家電は使わないとき主電源を切る

具体的にはエアコン・給湯器・PCなどの主電源は使わないときには抜いておいた方が良いでしょう。

ただし、使う頻度の高いものは手間ばかりがかかり、節税効果も薄くなりやすいので注意してください。

そして、携帯の充電器や最近のテレビの待機電力は小さいので、このようなものに関しても、効果が薄く手間ばかりかかってしまう可能性があります。

ですので、あまり神経質になりすぎる必要はないでしょう。

 

照明器具は白熱球や蛍光灯からLEDに変更

LED電球は白熱球や蛍光灯よりもかなり長持ちします。

どれくらいの時間持つかと言うと、

白熱球:約1000~2000時間

蛍光灯:約1万3000時間

LED電球:約4万時間

これほどの差があります。白熱球の20倍~40倍、蛍光灯の3倍以上も長持ちするのです。さらに消費電力もかなり少なく済みます。

ですので、購入コストこそ多少高いものの、長期的に見れば確実にLED電球の方がお得でしょう。購入コストだけで判断してはいけません。

 

固定費の支払いにクレジットカードを活用する

変動費の場合は、クレジットカードを頻繁に使用していると使い過ぎてしまうという人も多いかもしれません。しかし、そのような人でも固定費であればクレジットカードを活用したほうがよいでしょう。

固定費をクレジットカードで支払っていれば、毎月確実にポイントが付くからです。

仮に月5万円の固定費がかかっているとします。もし、クレジットカードの還元率が1パーセントであれば5000円分のポイントが手に入ることになります。

「大した額ではない」と感じる人も多いかもしれませんが、どちらにしろ確実に支払わなければならない支出に対し5000円が付いてくる、と考えれば中々良いのではないでしょうか?

もし、クレジットカードが不安だという人はポイントのつくデビットカードでもよいかと思います。

デビットカードにはクレジット機能は付いておらず、使用後すぐに口座からお金が引き落とされます。ですので口座に入っている金額までしか使用できないため、その際に口座を分け、固定費のだけ入金しておけば使い過ぎることはまずありません。

使えるポイントはうまく利用しましょう。

 

変動費を抑える

ここからは変動費の節約に関して説明していきます。仮に固定費が抑えれたとしても、その分変動費が増えてしまえば意味がありません。実際にそのような人は多いと思います。

ですので、固定費と合わせて変動費に関しても、極力浪費を避けるよう意識していましょう。

 

買い物の際はあらかじめ予算を決めておく

買い物に行く際、 事前に何を買うかを決めずに、"その場で買うものを決めて買う"という人が多いように思います。

しかし、この場合だと買う必要性の低いものまで買ってしまうことが多いです。ですので、ある程度で良いので、何を買いに行くのかをあらかじめ決めておきましょう。

たとえば、食品であればその日の献立は決めておき、必要な食材も事前に確認しておきます。

日用品に関しても、あらかじめ買うべきモノを書いておきましょう。そして確認していたもの以外のものを買う際、本当にそれが必要であるか考えるべきです。

もっと言えば、それ以外絶対に買わないというルールを決めておいてもいいでしょう。

 

空腹状態での買い物には注意

予算を決めておくことに加えてもう一つ、買い物に行く際の注意点があります。

それは、「できるだけ空腹の状態で行かない」ということです。空腹の状態で行くと、ついつい惣菜やデザートなどの食品に目を奪われてしまいます。

何も考えずそのような場所に行ってしまえば、おそらく、ほとんどの人が惣菜やデザート買ってしまうでしょう。そのような経験のある人は多いのではないでしょうか?

惣菜やデザートを買ってはいけない  ということではありませんが、少しでも余計な出費を減らしたいのであれば、できるだけ空腹状態での買い物は避けましょう。

家を出る際にガムを噛むといったような対策をするのも1つの手として良いかと思います。

 

お金をかけない休日、家族サービス

変動費の中でも大きく支出に関わるのが、休日の過ごし方や家族サービスです。

いつもお金をかけないことばかりだと、どケチと思われてしまうかもしれませんが、こういったものを上手く活用するのも大事です。

お金をかけずとも楽しめるものはたくさんあるので、それをいくつか紹介したいと思います。

 

ピクニックや公園でスポーツ

自然を感じる場所で写真を撮ったりしながら過ごす事は誰しも嫌いではないはず。

良い運動にもなり子供から大人まで充分に楽しめるはずです。お弁当を持参することも大きな節約となるでしょう。

 

図書館の活用

各施設によって違いはありますが、書籍・雑誌・新聞・インターネットなどが無料で使え、その他のサービスも充実しているところが多いです。

基本的には冷暖房も完備されているところが殆どですから、季節に左右されず利用できるというのも良い点です。

子供が積極的に本を読める環境という意味でも活用する価値はあるでしょう。

 

釣り

釣り道具を持っていない場合、最初に竿の購入などに多少お金はかかりますが、安いもの選べばそれほど大きな出費ではありません。

そして一度購入してしまえば、後は餌代や針代などの小さな出費で楽しめます。

未経験者であっても、一度検討してみてはいかがでしょうか。釣具屋さんに行けば丁寧に教えてくれますよ。

 

 

その他で言えば、動物園や植物園なんかもあります。探せば他にもあると思うので、

少ない支出で楽しめる休日の過ごし方をいろいろ探してみてはどうでしょう。

 

まとめ

このように、日々の生活を少しずつ変えていくだけでも長い目で見ればかなりの効果出るはずです。

このような生活が当たり前のようになれば、お金の貯まりやすい生活になっていくかと思います。

固定費を見直し、日頃の生活に少しずつ変化を加えながら変動費も抑え、お金の貯まる節約生活を実現していきましょう。