携帯代は今や月々2000円が当たり前。格安SIMを分かってない人必読!

f:id:C-write:20170406140758j:plain

格安SIMのおかげで月々の携帯代が2000円程度で済む人もだいぶ増えてきたかと思います。

 しかし「格安SIMを知らない人」「聞いたことはあるが、よく分かっていない人」「何となく良いイメージが無い人」

このような人はメリットを知らないまま、未だ携帯代に8000円~1万近くの料金を毎月支払っています。

もちろん、メリット&デメリットを知った上で、ドコモ・softbank・auなどの大手キャリアを選んでいるのであれば問題無いのですが、分かっていない人はかなり損をしているのでは?

そう思い、今回格安SIMがどのようなものなのか改めて簡単に解説してみようかと思いました。

月々の携帯料金を大幅に安くできる可能性があることを考えれば「格安SIMのメリット&デメリット」を知っておいて損はないでしょう。

 

格安SIMとは?MVNOとは?

メリットとデメリットの前に、まず格安SIMとそれを提供している事業者について簡単に説明します。

格安SIMを提供している事業者は、大手キャリア(NTTドコモ・auなど)から回線を借り、通信サービスを提供しています。そして、この通信事業者のことをMVNOと呼びます。MVNO = 格安SIMによる通信サービスを提供してる事業者ということが分かっていれば、とりあえずは大丈夫かと思います。

続いて格安SIMですが、

まず、SIMというのはデータ通信を行うために必要な小さなカードです。

スマホにはこれが挿入されており、挿入されていないスマホはデータ通信が行えません。そして、大手キャリアではスマホ本体とをセットで提供してますが、MVNOではその二つが分けられています。

大手キャリアの場合、既にスマホにSIMが組み込まれた状態で渡されるため、SIMという言葉自体よく分からない人も多いでしょう。

このMVNOが提供するSIMを大手キャリアのスマホ本体やSIMフリーのスマホ本体に挿入して使うことで、月々の携帯料金も大幅に下げることができます。これが格安SIMです。

 つまり、スマホの機種自体はそのままで格安SIMに変えることもできるというわけです。

知らない人は格安SIM用のスマホしか使えないと思っている人もいるようですが、iphoneなども普通に使用できるので安心してください。

 

 大きな2つのメリット

 

1.料金が安い

 冒頭にも書いた通り、大手キャリアと比較すると断然安いです。

大手キャリアから格安SIMに変えた場合、

金額でいえば月々5000円~7000円、割合でいえば1/3~1/4 ほど安くなる人が多いようです。

仮に月々6000円安くなるとしたら、1人当たり年間7万2000円も変わることになります。なかなか大きな差ではないでしょうか?

 

2.更新月を気にする必要がない

大手キャリアを使用していると、基本的に2年契約で更新月があることがほとんどでしょう。これを煩わしく感じたことがある人は多いのではないでしょうか。

しかし、格安SIMであれば、更新月というものを気にする必要はありません。

使用している格安SIMによっては、最低使用期間が半年~1年で設定されているものもあり、その期間内に解約した場合は違約金が発生しますが、二年契約&更新月が設定されていることに比べればかなり楽です。

 

注意点

大きなメリットを2つ紹介しましたが、もちろん良い面ばかりではありません。

多少のデメリットもあるのでそちらの紹介もしておきます。

 

キャリアメールが使えない

〔~@docomo.ne.jp・~@ezweb.ne.jp・~@softbank.ne.jp〕のようなキャリアが提供しているメールアドレスが使えなくなります。しかし、フリーメールなどのキャリアとは関係のないアドレスを取得すればいいだけなので、そこまで気にする必要はないと思います。

また、現在ではメールはほとんど使わずにLINEのみ使用しているという人も多いので、そのような人にとっても問題はないでしょう。

Gmailやyahoo!メールを使ったことが無い人が最初だけ不便に感じる程度ではないでしょうか?

 

実店舗が少ない

大手キャリアであればどこにでも実店舗がありますが、MVNOは実店舗がかなり少ないです。ですので、格安SIMのサポートや対応はweb上になることが多いです。

ある程度インターネットの使用に慣れているのであれば、さほど不自由ではないでしょうが、そうでない人にはこれも不便かもしれません。

 

通話の多い人は料金が高くなる可能性あり

今は多くの人が「かけ放題」に入っているかもしれませんが、格安SIMにはこれがありません。

通話料を安くするための方法やプランはいくつかありますが、回数も通話時間も無制限というのは今のところ無いようです。

ただし、友達同士の通話であればLINEなどを使えば全く問題ないでしょう。

問題があるのは、仕事で音声通話をたくさん使わなければいけないような人です。そのような人は、通話料を安くするプランに入っても割高になる可能性があるので確認が必要です。

 

このような人は変えるべき

以上のようなメリット&デメリットを踏まえると、

 

・携帯料金が高すぎると感じている

・通話をあまりしない or こちらからかけない

・日頃の電話の多くはLINEで代用できる

・アドレスはGmailやyahoo!メールだけで良い

・二年契約や更新月が鬱陶しい

 

このようなものに当てはまる人は変えた方が良いかもしれません。

 

MVNOの選び方

では、実際に格安SIMに変えるときにどのような基準で事業者を選べばよいのか。

料金に関しては、同じデータ量で比較した場合の通信料はさほど差は無いでしょう。重要なのはプラン内容になります。

たとえば、多くの場合3GBで月々1600~1800円くらいですが、

「3GBじゃ少し不安.....」という人は5GBのプランがあるMVNOを選んだ方がいいですし、

「通話時間は長くないのだが、細かい短時間の電話をよくかけることがある」という人であれば、"〇〇分以内の通話はかけ放題" といったサービスのある事業者が良いでしょう。

自分の使い方にあったプランを選ぶことが一番大切になります。

 

 最後に

これで格安SIMを知らなかった人も大体はどのようなものか分かったのではないでしょうか?

毎月の支払いは気にするのに格安SIMのことは知らない というのは非常に勿体ないです。現に格安SIMに変えても大して不便の無い使い方をしている人はまだまだ多いでしょう。

もし、日頃の支出を少しでも抑えたいと考えているなら、一度格安SIMへの乗り換えを検討してみて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。