仕事ができない、辛いと感じてる人が「できる人」に変わる6つの秘訣

f:id:C-write:20170408182416j:plain

「仕事ができなくて辛い」と感じている人

その原因ちゃんと分かっていますか?理由は人それぞれ違うとは思いますが、仕事ができない人にはそれなりに共通点も多いです。

 もし、少しでも仕事ができるようになりたいと考えているなら、その自分自身の原因を見つめ直してみましょう。

ここでは"仕事ができない人の6つの特徴" と "できる人に"変わるための6つのポイント"についてお話します。

 

 

できない人の6つの特徴

 まずはできない人の共通点からです。もし当てはまる部分があるなら改善したほうが良いでしょう。

 

1. 集中力が低い

まず、できる人の多くは集中力が高いといえます。そして、集中力が高い分、作業効率も良いです。

一方、仕事ができない人は集中力が低いということがよくあります。

あなたは業務中に仕事とは関係のないことを考えているときはありませんか?気づいたらボーっとしている なんてことありませんか?

もしかしたら、集中力の低さが仕事の能率に影響しているかもしれません。

 

2. やらされている意識が強い

自分にしろ他人にしろ、思い当たる節のある人は多いのではないでしょうか? 

大体このようなタイプの人はどこにでもいます。中にはこのようなタイプでもそれなりに仕事をこなせている人というのはいますが、できない人ほどこの意識が強い傾向にあるようです。

そして、できない人がこのような意識を持っていると、おそらくずっとできない人のままでしょう。

また、「嫌々やらされる作業というのは集中力も確実に低くなる」ということを覚えておいてください。

 

3. 深く理解しようとしない

できる人というのは、自分の業務に対する理解度が高いです。それに対して、できない人というのは自分のしている業務が何なのかということに対する理解が浅く、深く考えていないことがあります。

いま自分の行っている業務が会社のビジネスにおいて「どのような役割でどのような意味を持っているのか」 あなたは深く理解しようとしてますか?

それなりに理解したつもりになって、何となくで作業をこなしてませんか?

 

4. できるだけ責任を負わない立場を選びたがる

責任から逃れたいと思うこと自体は、人間として普通のことかもしれません。

しかし、責任というのは誰かしらが持っておかなければならないものです。もしあなたが責任を負わない立場であれば、その分の責任は他の誰かが担っているのです。

自ら責任を負って行動できるか、人に責任を負ってもらうことでしか行動できないのか、この差はかなり大きいです。

このような主体性の無さが仕事ができない人にはよく見られるはずです。

 

5. 客観的視点に欠けている

「何であえてこんな面倒な作業をしなければいけないんだ」

「こんな面倒くさいだけの作業意味ないだろ」 

といったような主観でしか物事を捉えれない人は少なくないかと思います。もちろん、実際に会社側が無意味な作業をさせていることもあるでしょう。

大事なのは、それが客観的に捉えた事実であるかどうかです。自分自身の損得による主観的な意見ではただの愚痴です。

愚痴を否定はしませんが、主観的な意見でしか考えれないと、仕事の理解度は低いままになるでしょう。

 

6. 慎重すぎる

丁寧なことは悪いことではありません。しかし、スピード感を意識できていないと、結局仕事ができない人になってしまうでしょう。

仕事ができない人には、小さなミスを恐れ、慎重かつ丁寧になる人がいます。

もちろん、適当にするのは論外ですが、スピード感とクオリティはどちらかに偏りすぎてはいけません。

スピード感を持った作業ができているか考えてみましょう。

 

できる人に変わるための6つのポイント

ここからは、できない人の特徴もふまえながら、どのようにできる人に近づいていくかについて紹介します。

 

1. 集中力を高めていく

集中力が低い状態で仕事ができるようになるというのは、正直難しいでしょう。

たとえば、自分自身の仕事に興味は持てているか、その業務をこなす目的はハッキリしているか、といったことも集中力には影響してきます。

 集中力を高める方法についての詳細はこちらの記事をご覧ください。

www.cq-life.net

 

2. やらされる感覚から抜け出す

もし、自分の仕事に対してやらされている感覚があるのであれば、できる限り無くすべきです。そのような人はおそらく「お金のために仕方なく働いている」という感覚が強いのでしょう。気持ちは分からなくもないですが、そのような意識はあなたにとって何のプラスにもなりません。

お金のためにやるのなら「会社が給料上げてでも残ってほしいと思える人材になってやろう」くらいの気持ちでもいいのでは?

どうせやらなければいけないのであれば、嫌々やらされるよりも開き直って稼いでやろうと思いましょう。

このように主体性を持っていた方が、結果的に収入アップにも繋がりやすいはずです。

 

3. 自分の得意・不得意を知る

あなたは自分の得意なことや不得意なことは理解できてますか?

もし、会社の上司もあなた自身もあなたの強みを理解していないのであれば、苦手なことで力を発揮することを求められているかもしれません。

それはそれで成長できる面もあるとは思いますが、本来力を発揮できる場所が他に合ったとしたらそれは勿体ないです。それに、苦手なことで力を発揮することを求められることは多くの人にとってストレスを感じるはずです。そのストレスがあなたの成長を妨げていることだって考えられるわけです。

ですので、自分の得意なことというのは理解しておいた方がいいでしょう。もし職場自体が自分の力を発揮するのにふさわしくないと感じるのであれば転職を考えるのも一つの手です。

 ちなみに、転職に関してはこのような記事もあります。興味があれば合わせてご覧下さい。

www.cq-life.net

 

4. 客観的視点を持つ

「なぜこの作業が必要なのか」

「より会社にとってプラスになるにはどのような行動をとれば良いか」

「客にとってこれはどうなのだろう」など

会社の立場で考えたり、顧客の視点から考えたりできる人の方が、仕事への理解度も深まり結果が出せるはずです。" 自分にとってどうか " ではなく " 客観的に見てどうなのか " を日頃考えるようにしましょう。

 

5. できる人とは責任を負うことができる人だと知る

仕事ができる人というのは自然と責任ある立場になっていくものです。それを避けているようでは仕事ができる人というにはほど遠いでしょう。

自分の行動に責任を持てるからこそ、自分の意見をしっかり言えるし、新しいことにも積極的にチャレンジすることができるのです。

ですので、常に自分の仕事に対する責任感は持っておきましょう。

責任逃れの思考はあなたの成長を妨げます。

 

6. とにかく量をこなしてみる

もし自分の仕事にスピード感が無いと感じるのであれば、一度クオリティは置いといて、とにかく量をこなすことを意識してみると良いかもしれません。

丁寧になりすぎる人は、多少適当にこなすくらいで丁度良くなることもあります。

また、量をこなすことで質が上がるとも言えますので、そうなれば結果的に作業効率が上がります。

作業が遅い人はぜひ試してみてください。

 

まとめ

どうでしたか?自分に当てはまる部分はありましたでしょうか?

今回の内容の全体を通して言えることは

結局のところ、意識が低ければ仕事ができるようにもならないということになります。

ですので、「そもそも意識が低いため仕事ができない」という人の場合、このような記事にすら目を通さないのではないか?というのが正直なところです。

しかし逆に言えば、このような記事を自ら読むということ自体、仕事ができるようになれる人だともいえるわけです。

仕事ができないという自覚、できるようになりたいという気持ちこそが、仕事ができるようになる第一歩だと思いますので、その成長意欲は持ち続けていましょう。

そしてその中で、今回紹介したことを参考にしてみて下さい。