生活習慣病予防・対策ならコレ!原因&気軽にできる予防法を解説

f:id:C-write:20170424183932j:plain

あなたは生活習慣病の予防や対策はできてますか?

生活習慣病というのは、本人に自覚症状がなく、じわじわと進行していることが多いです。ですので、何も気にしていない人ほど危険であり、全ての人に関係のある病気とも言えるでしょう。

生活習慣病って?

長年にわたって続けた望ましくない生活習慣が原因となっておこる病気の総称を生活習慣病と呼びます。

具体的には、

心筋梗塞糖尿病がん脳卒中心臓病 のようなものから、肥満(メタボリックシンドローム)高血圧脂質異常症 といったものまで、幅広く含まれます。

そして、これら生活習慣病の多くは、本人が気付かないまま進行している傾向にあります。これは、痛みや体調などの変化が現れにくく、時間をかけ、徐々に悪くなっていくものだからです。

ですので、気づいている人に関してはもちろんですが、実はそうでない人も、自分自身の生活習慣というのは見直していた方がいいのです。

 

生活習慣病の原因&予防

ここから、生活習慣病の原因とその予防方法について紹介します。「なるほど」となって終わるのではなく、実際に行うことが重要です。

 

食生活の乱れを見直す

生活習慣病の原因の中でも、特に大きな原因になりやすいのが食生活の乱れです。まず、今から挙げる8つの項目にどの程度当てはまるか確認してみて下さい。

・栄養バランスを気にせず、好きなものばかり食べている

・ファーストフードやインスタント食品をよく食べる

・食事を取る時間がバラバラで不規則

・食べるのが早いと言われる

・毎回お腹がキツくなるほど、満腹の状態まで食べてる

・過度な食事制限や日によって食事量が極端に少ないことがある

・夜食を食べることがよくある

・野菜を食べることが少ない

これらの項目に、より多く当てはまる人の方が、生活習慣病になる可能性は高いと言えるでしょう。

ですので、食事に関する予防や対策に関しては、大きく分けて2つの項目を意識しましょう。

1.規則正しい時間帯と量

2.栄養バランスのとれた食事

1の規則正しい時間と量に関しては、3食しっかりと満腹になりすぎない程度にとりましょう。特に朝食とらないことが多い人は、朝食をとるようにした方が良いでしょう。

また、「夜8時までには夕食を食べる」といった時間管理も合わせてできると尚良いです。

そして、2の栄養バランスですが、塩分や濃い味のものを控え、とにかく野菜を積極的にとることを意識するべきです。実は、現代の日本人は慢性的な野菜不足と言われるほど、栄養のバランスがとれてないのです。

具体的には、1日:350gが摂取量の目安とされてます。

これは毎食意識的にサラダを摂取して、初めて目標摂取量に到達するかどうか といったところでしょう。

正直、これって結構厳しい人が多いはずです。筆者自身も厳しいと感じます。

ですので、そのような人にオススメなのは、青汁を飲むことです。これが一番効果的かつ手っ取り早い方法かと思います。

<青汁には野菜を補う以上の効果がある?>

 青汁には血圧・血糖値・血中コレステロール値などを下げる効果があり、生活習慣病の予防や改善にはうってつけの飲み物だと言えます。

ちなみに、青汁お試し期間のあるコチラがおすすめです。→話題の明日葉を根っこごと青汁に!

初回購入時に2週間分のサンプルが付いており、もし、2週間で「やっぱり無理だ」となれば、全額返金保障を受けることができます。

現在、サンプルを試すことができる青汁は殆どないので、これはありがたいです。

 

もし普通の青汁が無理な場合は、粒タイプの青汁 ステラの贅沢青汁 もあります 。サプリメントをとるような感覚で飲めるので、これであれば青汁が苦手な人でも続けることが可能なはずです。現在、初回特別モニター価格で利用できるようですので、興味があれば一度試してみて下さい。

 

生活習慣病について真剣に考えるのであれば、このようなものを生活に取り入れていくとよいでしょう。

運動不足の解消

食生活の見直しは、生活習慣病のことを考える上でもかなり重要ですので、少々長くなりましたが、続いては運動不足の解消です。

運動不足により肥満になってしまうと、様々な生活習慣病を引き起こす可能性が高まります。それを防ぐために、運動は欠かせません。

特に、

・デスクワークで日中あまり動かない

・日頃の移動は自動車を使い、歩くことが少ない

といった人は要注意。意識的に運動をしていなければ、運動不足の可能性が高いです。

これは、最初から無理して運動する時間を確保する必要はありません。日頃の習慣の中に「歩く場面」「階段の上り下り」などを増やすだけでも良いのです。

むしろ、「生活習慣病」と呼ぶくらいですから、一時的な運動を取り入れるよりも、日頃の習慣を少しずつ変えていく方が効果的かもしれません。習慣=継続することが第一ですから。

もちろん、運動時間を作り、それを習慣化できるのであれば、それが理想です。運動不足の解消は、継続できる自分に合った方法で取り組んでいきましょう。

ちなみに、関連記事としてこのような記事もありますので、よければ合わせてご覧下さい。

www.cq-life.net

 

ストレス

ストレスは免疫力の低下や血圧・血糖値の上昇を引き起こし、様々な病気の原因になりかねません。

ただし、これは人によって適切な予防や対策が変わってくるので、少々難しいものでもあります。

ストレスを抱えやすい人の特徴としては、

・几帳面

・完璧主義

・言いたいことを言えずに我慢しがち

・マイナス思考

といったものが挙げられます。当てはまる人は一度日頃のストレスを見つめ直してみた方が良いかもしれません。

そして、ストレスの原因を考え、その原因を無くすか、ストレスを発散できるような趣味を見つけるなどして、少しでも対策をしていくと良いでしょう。

 

睡眠サイクルの見直しと睡眠不足の解消

不規則な睡眠や睡眠不足も生活習慣病の原因をつくりやすいものです。

また、良質な睡眠がとれていないと、先ほど言ったストレスも抱えやすくなります。

 理想は、ゴールデンタイムと言われる22時~2時を含む8時間ほどの睡眠をとることですが、最低でも7時間以上の睡眠は確保できるようにしたいところです。

ある研究によれば、1日の睡眠時間が6時間未満の人と6時間~8時間とっている人では早死する確率に12%ほど差が出るそうです。

つまり、1日6時間未満の睡眠を続けていると、健康に害を及ぼす可能性が非常に高いです。

具体的には、肥満や血圧・血糖値の上昇のリスクが高まります。

ですので、睡眠時間の確保に対する意識が甘い人は、一度見直すべきでしょう。

 

過度な飲酒や喫煙

喫煙は心臓病や脳卒中、飲酒は肝臓機能障害や脳血管障害などのリスクを高めます。

完全にやめることができれば、それが一番良いですが、依存性の強いこの二つは、そう簡単に辞めれない人が多いです。

ですが、完全やめれないとしても、できるだけ身体を気遣う対策くらいは行うようにしましょう。

飲酒の場合であれば、休肝日を設けると良いです。毎日飲酒をしている人と、週に2日以上休肝日がある人では、胃や肝臓への負担が全然違いますので、病気のリスクも軽減させることができます。

 

喫煙に関しては、禁煙の記事なんかを参考にしてみて下さい。

www.cq-life.net

 

最後に 

おそらく、「どれにも当てはまらなかった」という人は殆どいなかったのではないでしょうか?

そして、生活習慣病という病気が「気づかない内に進行する」という特徴がある以上、今は異常が無くとも、意識的に予防や対策をしておくしかないでしょう。

誰しも患う可能性があるものなので、この機会に今一度自分の生活を改めて見直してみて下さい。