キウイの熟成を早める簡単な追熟方法:りんごがなくてもOK?

f:id:C-write:20170508155927j:plain

果物には放っておくだけで簡単に熟れるものとそうでないものがあるのはご存知でしょうか?

バナナなんかは少し放っておくだけでも短期間でかなり熟れますが、そうはならない果物もあります。

キウイフルーツもその一つです。

 放っておけば熟れる、と思って他の果物同じように放置していたけど全然熟れなかったという経験がある人もいると思います。

実は果物には熟れる仕組みというのがあり、それを理解していれば、キウイを熟成を早めることは可能です。

ここでは、その『キウイを熟成させる方法』について紹介します。

 

自分の力では熟せない果物

先ほど言ったように、キウイはただ放っておくだけではなかなか熟れません。

これは、放っておくだけで勝手に熟れていく果物が自分自身で熟成していく力が強いのに対し、キウイはその力が弱いからです。

バナナが勝手にどんどん熟れていくのも、この力があるからなんです。

お店で売っているキウイに甘いものがあるのは、農園などが意図的に熟れるようにしているからです。

ですので、キウイを甘くしたければ、この "果物が熟れる力" を利用しなければいけません。

 

熟成に必要なのはエチレン

果物が熟れるのにはエチレンという植物ホルモンが大きく関わってます。

そして、自分の力で熟れることができる果物とそうでない果物の違いは、この『エチレンの生成量の違い』にあります。

つまり、バナナはエチレンを多く生成することができるため、自分自身の力でどんどん熟れることができるが、

キウイはエチレンガスの生成が少ないため、放っておいてもなかなか熟れないのです。

また、エチレンを生成する果物は、成熟の過程でエチレンガスというものを発生します。

このエチレンガスには果物の熟成や腐敗を促進させる作用があります。この後紹介する熟成を早める方法も、このエチレンガスを利用したものになります。

ちなみに、果物や野菜の種類によってエチレンガスによる影響の受けやすさに違いがあります。バナナやキウイなんかは影響を受けやすい果物に入ります。

この『影響を受けやすい果物や野菜』はエチレンガスの発生する環境で保存しておくと、どんどん傷んでいくため注意が必要です。

 

りんごを使った追熟

では、ここからエチレンガスを利用したキウイの追熟方法を紹介します。

その方法の一つにりんごを使った方法があります。

なぜりんごなのかというと、りんごはエチレンの産出率が非常に高い果物だからです。

ただし、りんごだったら何でもいいというわけではなく、エチレンガスの生成量はりんごの品種によって違います。

ですので、エチレンガスの生成量が多いものを選ばないといけません。

多いものは『津軽・ジョナゴールド・王林・黄王』などになり、

少ないものは『フジ・サンフジ』などのメジャーな品種になります。

そして、この追熟に使うりんごを熟れさせたいキウイと一緒に、ビニール袋や箱に入れて保管しておきます。

この際、複数のキウイを熟成させたいからといって、りんごを複数用意する必要はありません。一つのりんごに対し、複数のキウイを保管しても大丈夫です。

また、袋や箱は密閉する必要はありません。

ある程度期間をおいたら、定期的に熟れているかどうか確認してみましょう。

成熟度は香りと固さで確認できます。

熟れたキウイは、甘い香りがし、実も程よく柔らかくなってます。食べ頃のキウイも固さは、鼻先をつまんだときの固さと似ていると言われますので、参考にしてみて下さい。

 

りんごを使わない追熟

りんごを使った追熟方法を紹介しましたが、

「わざわざりんごの品種を選んで用意するなんて面倒くさい」と思った方もいるかもしれません。

そのような人は、りんごを使わない追熟方法を利用してみるとよいでしょう。

この方法であれば、キウイのみでの熟成が可能です。

まず複数のキウイを用意し、その中から一つを取り出し、選んだキウイをテーブルの角など使って叩き、凹んだ状態にします。

後はこのキウイと他のキウイを一緒に保管しておく、たったこれだけです。

なんでも、エチレンの生成が少ないキウイでも、傷みを与えることにより傷んだ部分からエチレンガスが発生するんだとか。

その後は先ほどと同様、香りや固さで成熟度を確認していって下さい。

ちなみに、固さを確認する際はキウイの横の固さではなく、縦の固さを確認した方が分かりやすいようです。

縦に触ったとき、柔らかくなったと感じれば十分熟れているという証拠なので目安にしてみましょう。

 

終わりに

キウイはしっかり熟れていれば美味しい果物ですが、未熟な状態では全く美味しくありません。

バナナのように放置しておけばすぐ熟れるような果物ではないので、追熟方法を知っておいて損はないでしょう。

また、キウイだけでなく、他の果物でもエチレンの影響を受けやすい果物であれば効果を発揮するはずです。

『りんごを使った方法』と『キウイのみを使った方法』の二つの方法を紹介しましたので、自分にとって使いやすい方法でぜひ試してみて下さい。