転職するかしないか悩む人必見!できる人は転職する?転職すべき理由とメリットとは

f:id:C-write:20170420212604j:plain

転職しようかどうか悩んでいる、という人は常にいるものです。

そして、そのような人は「転職して大丈夫かな....」と漠然とした不安を抱いていることが多いのですが、

実は これからの時代は転職しないことがリスクになる ともいわれています。

  前向きに転職すべき!

 

夏野剛氏は転職を意識している人の方が優秀だと言ってます。

今回は夏野氏のツイートを紹介させていただきましたが、実はこのように「転職はした方が良い」と考える人は少なくないです。

もちろん人による部分もありますが、漠然とした不安を抱くまま結局転職できず、ズルズルと同じ会社にいるのことは、ある意味勿体無いとも言えるでしょう。

ちなみに、夏野氏はNTTドコモのiモードビジネスの立ち上げに携わり、NTTドコモ退社後には、セガサミーホールディングスやSBIホールディングスの社外取締役、ドワンゴ常勤顧問、慶應SFCの特別招聘教授などに就任されていたりと、様々なところで活躍されている方です。

 

転職を前向きに捉えるべき3つの理由

ここからはなぜ転職することが良いのかという理由をいくつか簡単に紹介します。

 

同じ会社に居続けるメリットが無くなってきている?

 まず、その一つとしてあげられるのが、終身雇用や年功序列の崩壊でしょう。

これに関しては、ずいぶん前から言われていることですので、今更言うまでもないことかもしれません。

しかし、未だに終身雇用や年功序列の価値観が抜けきれなかったり、植え付けられたままの人は多いようです。漠然とした不安を抱く原因の一つでもあるかと思います。

「 そんな風に言われてはいるけど、なんだかんだまだ大丈夫じゃん 」

なんてお気楽な人もいるとは思いますが、仮に、それが目に見えるカタチで分かるようになったとき、そうなってから準備していては遅いはずです。

同じ会社に長く勤めていれば安心&安定 という時代では無くなってきているという認識が、まずは必要かもしれません。

 

IT技術の発達による市場変化への対応

IT技術はすごいスピードで市場に様々な変化をもたらしています。そして、それはこれからも加速していくでしょう。

そのような時代において、企業はめまぐるしい変化に対応していく能力を求められるはずです。

あなたの会社が先進的で常に変化に対応できるような企業であれば問題ないかもしれませんが、そのような企業は決して多くありません。

新しいものに対応できず、取り残された企業に依存していては、あなた自身も置いてけぼりになりかねません。

つまりは企業同様、個々人にも変化に柔軟に対応できる能力が求められるということです。

 

前向きに転職する人には健康的な人が多い?

健康面の差というのはかなり重要な点ではないでしょうか?

うつ病や過労死などが問題視されているほどですから、「大したことではない」とは言い難いはずです。

そんな問題がある中、転職を前向きに考えれる人というのは、そうでない人に比べると健康的な傾向にあるようです。

「今の会社が全てではない」「新しいことにチャレンジしたい」「こんなストレスしかない会社さっさと辞めてしまえ」

と多少楽観的でポジティブに考えれる人は、結果的にストレスも抱えにくい分、健康的なのでしょう。

反対に、「今の会社を辞めて将来大丈夫なのか?」「より悪い環境になったらどうしよう....」など

考えたところで答えの出ないことで悩んでいる人は、漠然とした不安を抱えているようです。

そのような人の多くは、結果的に我慢してストレスを抱えてしまう傾向にあるので、身体を壊す可能性も高くなるのでしょう。

ハッキリ言って、現在働いている会社を辞めようが続けようが、どっちが将来安全なのかなど分かるはずがありません。

にも関わらず、分からないものに怯え、身体を壊してしまい、最悪過労死するような健康状態になってしまっては元も子もないです。給料もクソもありません。

そのような人は転職がどうかという以前に、自分の心身の状態を優先して考えるべきでしょう。健康あっての生活ですから。

 

企業側からのスカウトを待つ転職がある?

ここまで転職した方が良い理由を述べましたが、

転職方法の一つとして、Facebookと連動した Nexstar と Switch. というサイトを利用し、声をかけてもらう方法 があります。

こちらはヘッドハンティング型の転職サイトで、企業からのスカウトを待つだけです。

ですので、まだ転職を決めてない人も、とりあえず「どんな会社から声が掛かるのか」を見てみるのも良いと思います。

経歴や自分の強み、希望職種なんかを記入しておけば、よりあなたに合う会社からのオファーが来る可能性が高まります。

Facebookから簡単かつ無料で登録できますので、どちらも登録しておいて損はないでしょう。

 

その他の転職方法

他には

第二新卒ナビ

新卒・既卒・第二新卒の就職をサポートする“いい就職.com”

などが転職には良いかと思います。

転職を考えているのなら、既に登録済みの人が多いとは思いますが、まだ登録していない人は登録しておくと良いでしょう。

 

最後に

転職が万人に必要なものとまでは思いません。しかし、柔軟に転職ができる能力はあった方がいいですし、これからは、より必要になってくる能力でしょう。

もし転職に迷っているのであれば、まずは今回紹介したようなサービスを利用してみて「どんな仕事があるか」「どんな会社が必要としてくれるか」を見てみることから始めると良いかもしれません。

転職というものを前向きに捉えていきましょう。